「ポツンと一軒家」が見せてくれる、期間限定の遊びと夢の跡。


日曜日に「所&林修のポツンと一軒家」を見ていたら、
北海道のポツンと一軒家が出てきました。


家の持ち主は、確か71歳。
56歳のときに仲間たちと山のあちこちに
それぞれが家を建て、
共同のお風呂も建てて
山暮らしを楽しんだというお話。


大工仕事や水道工事のできる面々ばかりだったので
すべてが手作り。
雪深い冬にもスノーモービルで山にやってきて
手作りのお風呂の窓から満面の笑顔を見せる
うれしそうなオヤジたちの写真も紹介されました。


56歳といえば、わたしと同い年です。
いまのわたしの年齢で家をつくりはじめたのですね。


それから15年が経ち、
案内してくれた男性以外の家は、
無人のまま放置されています。
「この人は亡くなった。
ああ。この人も亡くなった」


そうか。


56歳からの15年ってそうなのか。
56歳のとき、みんなあんなに元気なのに
もう、だれも、もう来られないのか。


夏草や兵どもが夢の跡だ。


笑顔の写真のように
みんなで夢中になれたのは
どれぐらいの期間だったのだろう。
5年?10年?


15年というスパンは、
41歳から56歳までも
それなりに重いけれども
まだ、そのまま継続できる可能性が高い。
でも、56歳からの15年というのは、
ぐっと厳しくなるのだなあ。
もちろん続けられる人もいるだろうが
いろいろな事情で力尽きる人もいる。
期間限定の夢だったのだ。


しかし…


「期間限定の家」でどこが悪い?
「期間限定の遊び」のどこが悪い?
そもそも期間限定でないものがどこにあるのだろう?
人生そのものが期間限定じゃないか。


「だれもいなくなった時点」という
「結果」から振り返るからこそ、
どこか切なく、はかなく、
あっという間に過ぎたような印象をもつし、
空き家というお荷物を抱えただけにも見えるけれど、
5年であれ、10年であれ
その渦中には「ずーっと続くような気持ち」がしたでしょう。
いまのわたしが、いまの暮らしが続くような気がしているように。


「結果」や「結末」から物事を評価することや、
「結果」や「結末」を想定して
あらかじめ否定しようとすることは
一見、賢明で合理的なようで
その実、期間限定の楽しみをことごとく奪ってしまう。


つまりは、人生という「期間限定の喜び」を奪うってことだな。


わたしの、このブログだって
延々やっているように見えても
期間限定ですよ。


「やってどうなる?」って言わないで。
それ、禁句よ。




フェイスブックツイッターで更新情報をお知らせしています。フォローしたら気軽に話しかけてください♪

ウェブマガジン「どうする?Over40」、ほぼ毎日更新しています。昨日はこちらにも書いています。→オバフォー再開&いつの間にか近所の事情通になっていたわたしのこと。

★いつも応援してくださってありがとうございます!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
関連記事

スポンサーリンク



「いくつになっても入れる人間関係保険」を、職人さんとも。


今日、畳屋さんの親方が見積もりに来てくれたんですが、
彼の言葉のなかに、ちょっと気になる箇所がありました。


「〇〇畳は、まだいいけど、△△畳はひどいですよ。
お客さんによって値段を変えてますから。
80代のお客さんは、もう、畳もふすまも新調するのは最後でしょ。
だましやすいから。
びっくりするぐらいの値段になってる」


〇〇畳も△△畳も激安チラシで有名な畳屋さんです。


相づちを打ちながら、
わたしが80代になったら、どうなるだろう?と思いました。
高値をふっかけられて、そのままお願いしちゃうのかな。



人は年とともに頑固で扱いにくくなると同時に
丸め込みやすく、だましやすくもなります。




その理由として、


(1)働き盛りや若い男性の圧に負ける
(自分に比べると明らかに屈強で、怖い)
(2)自分の知識は時代遅れ(のように感じている)。
(専門用語頻発の説明に臆して「わからない」と言えない)
(3)耳が遠くなり、話が聞こえにくい
(相手の話が完全に理解できないまま返事をしてしまう)
(4)払えない金額じゃないのでよしとしてしまう
(早く帰ってほしい、が先に立つ)
(5)そもそもそんなに欲しくないから、どっちでもいい。
(最初から、そのものへの欲望がない)


これらに加え
年をとったとはいえ、
当然ながら見栄もプライドもあるし、
「若いときの自分」が「自画像」なので
「何もわからないばあさん(じいさん)」とは思われたくない。


しかも自分は若い相手に臆しているが、
相手はまったく自分に臆していないどころか、
どこか舐めているようですらあり、
それを感じると
余計にわかっているふりをしてしまう。


そんなこんなで
結果的に「はい、はい。それでお願いします」に
なっちゃうんですかね。


さらに今日、感じたのは、


「インターネットで情報を調べなければ
地域に密着した職人に出会えない」


という皮肉な状況です。


畳屋さんや表具屋さん、
個人経営の工務店などが減少しているため、
ふだんの生活圏内で「今度、ここに頼もう」と
目星をつけることが難しくなりました。
(昔は可能だったのか、よく知らないんですけどね)


高齢者が「畳を変えたいな」と思ったら
新聞に折り込まれる激安チラシのチェーン店が一番、
身近というケースも多々あるでしょう。
地元の良心的な職人にアクセスする方法がないんですよね。


今日来てくれた畳屋さんの親方は、
ホームページでイメージした通りの人で
根気強く探してよかったと思いました。
子どもが小さいときに障子の桟を一本、壊したままだったんですが、
それも「ちょっと目立たないようにつけておきましょう。
新たに作ると高いから。
無料でいいけど、そのかわり、クレームなし」と
言ってくれました。


最安値を求めない。
最高級に憧れない。
ほどほどに誠実な職人さんに
ほどほどに仕事をしてもらって
ほどほどに稼いでもらう。



だましだまされ、
丸め込み、丸め込まれる関係でなく
ほどほどに信頼しあい、
ほどほどに妥協しあう。
地元の職人さんや業者さんと
いまのうちから「適度な信頼関係」を
つくっておきたいなあと思います。


これも、「いくつになっても入れる人間関係保険」かもしれません。
「いくつになっても入れる人間関係保険」という言葉、
最初に使ったのはこの記事でした。
「おしゃべり会」のお誘いのときだったんですね。懐かしい。





フェイスブックツイッターで更新情報をお知らせしています。フォローしたら気軽に話しかけてください♪

ウェブマガジン「どうする?Over40」、ほぼ毎日更新しています。来週の月曜からまた更新開始!

★いつも応援してくださってありがとうございます!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
関連記事

スポンサーリンク