「魅力」や「素敵」は、相互依存的なもの。だから心折れなくていい。


たとえば、
「樹木希林さんのようになりたい!」と思いたち、
あの方のように老いを先取りして
あの方のようなヘアスタイルと服装で
友だちとの集まりに出かけたとします。


「樹木希林さんのようなオシャレ」は、
見る人が見れば、「ああ。あの方向性だな」と
わかってくれるものでしょうが、
樹木希林さんという個性と強く紐づけられてもいるので、
樹木希林さん以外の人が、その雰囲気をめざすと、


「どうしたの!?老けたよ」とか、
「ちょっとは若々しくしたら~?」とか
「顔色悪いよ。不幸なの?」などといわれかねません。
(老けた、不幸などの破壊力のある言葉に心が折れる)


さきほど「見る人が見れば」と書きましたが、
ということは、「見ない人には見えない」。
めざす方向性を発見してくれないし、
それが「魅力」の発信だと理解してくれず、
当然のことながら評価もしてくれないわけです。


おなじように
「年齢にとらわれないド派手で自由なファッション」や
「あえて服装やメイクにはこだわらないと決めたすっぴんスタイル」なども
その外見の向こう側に
「天然のおもしろさ」や「風変りさ」、
「気骨」「飾らない性格」などを見てくれなければ、
そしてそれらを人間的な魅力と感じてくれなければ、
「変な若づくり」や「ダサい」ということになってしまうわけです。


ことほどさように
「魅力」は、自分だけでは成立しないのです。


それを発見し、評価してくれる人がいてはじめて
魅力になる。



自分の描く「魅力」や「素敵」と
相手の描く「魅力」や「素敵」が
大きく異なっていれば、
互いの間に憧れも称賛も生まれないわけです。


だから、心折れなくていいんだよ。(あなたも、わたしも)


自分が美しい(好ましい)と思うものに自分を近づける。
こうありたい、と思う方向に歩む。


というのでいいし、
それが一番いいんじゃないでしょうか。


「こう見えたい」から、
「こうありたい」へ。


「こうありたい」は、
「こう見えたい」や
その裏返しな分だけ頑なな「どう見えてもいい!」に比べて
「影響力をもちたい」という呪縛から遠くてよいと思います。


あと自分が魅力を見つける人になる。
これもいいよねえー。




フェイスブックツイッターで更新情報をお知らせしています。フォローしたら気軽に話しかけてください♪ちょっとした相談にものりますよー。

ウェブマガジン「どうする?Over40」、ほぼ毎日更新しています。オシャレ会議室、ベースメイク編が始まっています。大事なのはカバー力!

★いつも応援してくださってありがとうございます!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
関連記事

スポンサーリンク



「老害」は影響力への未練。仕事でも親子でも異性間でも起こりうる。



居酒屋さんで
近くのテーブルに座っていた年配の男の人が
部下と思われるふたりの男性とひとりの女性に
強い口調で延々とお説教をしていました。
自説をぶっているうちに
いつの間にか説教口調になり、
止まらなくなってしまったという雰囲気です。
場の空気が悪くなって、つらい・・・。


いっしょにいた友だちは、
「老害やな」とあきれたように言って
変顔をしました。


説教に勢いがついて
止まらなくなるには
いくつかのパターンがありませんか。


わたし調べでは、


(1)「いいこと言っているな」に酔う場合。
(2)相手が従順で受け身な場合
(3)共感や尊敬が得られず、手ごたえがない場合



に分類できます。


(1)は、頭と口に油をさしたみたいに
回転と滑りが良くなって
自説を滔々と語り出してしまう、という快楽型。
話の中身がおもしろければ、
聞いているほうも比較的、耐えやすい。
合いの手も入れやすいです。


(2)は、子ども叱る場合などに
陥りやすいケースです。
従順な夫や妻が相手のときも起こりうる、やや加虐型。
「あのときもこうだった」
「あなたはいつもそう!」
などと欠点を現在過去未来と総ざらいして
重箱の隅をつついてしまうことも。


(3)自説をぶったときに
相手の反応が得られない、
思ったように「影響力」を駆使できないときに
言葉を重ねてしまう、悪あがき型。
最初は、共感や自然な納得を求めていたにもかかわらず、
いつの間にか屈服させんばかりの攻撃性をもってしまうことも。


居酒屋さんで出会った年配の男性は、
哀しいかな、(3)に見えました。


話の端々から、
仕事のできる(できた)人であること、
そのため70歳近い年齢で(もしかしたら70歳以上かも)
現在の立場に招かれたことがうかがえましたが、
彼を囲む40代ぐらいの人たちは
もうひとつ、反応が薄い。


この人はお説教をしたい、というより
かつてのような「影響力」をもちたいのかもしれない、
と思いました。


●話が聞きたいと寄ってくる部下や後輩
●心から興味を持ってくれるビビッドな反応
●自分に気に入られようとする気づかいや媚び
●憧れや尊敬など、もろもろの「関心」!


こういったものを求めているんではなかろうか。


「影響力」って心地よいものですよね。
「現役感」といってもいい。



上司や部下、の関係に限らず。
友だちどうしにもあるし、
異性間にもあるし、
親子関係にもある。


子どもへの「影響力」をいつまでも
手放すまいとする母親は多いでしょう。


影響力をなくすのは、さびしいから。とても。
その瞬間、心がシンとするから。


老害、とよばれるものには、
この「影響力」への未練が多く含まれている。



そんなことを思いました。


手放せるなら手放したほうがいいな。
影響力への未練。
どんな場所でも、
若い人たちは、
必ず、影響下を離れて自立するもんだ。


フェイスブックツイッターで更新情報をお知らせしています。ツイッターと一緒にブログを読んでもらうと面白さ増します。

ウェブマガジン「どうする?Over40」、ほぼ毎日更新しています。明日の11時、わたしの記事が公開される予定です。そちらもお読みください。

★いつも応援してくださってありがとうございます!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
関連記事

スポンサーリンク