閉経というビミョーな問題を語るオンナたち

小学校の高学年から中学校の間に
オンナの子たちは、続々と初潮を迎える。

40歳代後半から50歳代前半にかけて
オバサンたちは続々と閉経を迎える。

引退の時期が近づけば近づくほど、
現役続行に対する執着心が強まるのは、
スポーツ選手だけではないみたい。

フツーのオバサンである私も、
「生殖活動からの引退時期」が近づけば近づくほど、
「現役続行」に対する未練が募ってるもん。

うっとうしかった生理との別れが名残惜しい。

「生理が遅れている=もしかして妊娠?」
なんて死ぬほど心配した日々が懐かしく、
「あれこそ、現役ならではの悩みだったんだわあ」
と胸キュン。

あの悩み、カムバック!

それにしても齢47にして閉経目前って、どうよ。

早いじゃん。

…的な話、あなたは、同世代の女友だちとできますか。

私の場合は、
「できる友だち」と「できない友だち」の2種類がいます。

「できる友だち」は、老化も含めたあれこれを笑い飛ばせるタイプ。

「できない友だち」は、

閉経の話題に微妙に「自慢」をねじ込んでくるタイプ。

たとえば、こんな具合に。

************

私は、定期的に生理があるな
   ↓
女性ホルモンの分泌が盛んなの
   ↓
生殖活動の現役ね
   ↓
もちろんエッチもしてるわ
   ↓
(口には出さないけど)
まだ、女盛りだから?

************

みたいな。

でもさ、この「まだある自慢」こそが
老いの証拠なのかもね。

「エッチ、まだある」
「精力、まだある」
「気力、まだある」
「似合う流行の服、まだある」
「男に声かけられること、まだある」
「記憶力、まだある」
「仕事、まだある」
「歩く力、まだある」
「命、まだある」

とか。

うん、年寄りくさい。


【関連記事】
ある日、突然!不測の事態を心配する。





関連記事

スポンサーリンク