40代の美脚パンツスーツは正解か?

かくいう私が、美脚系パンツスーツの愛用者なのですが。

カジュアルな服装でも、とがめられることはないものの、
ほら、年齢が年齢だし、
だらしない格好で仕事をするのもイヤなので
ジャケットを着るようにはしているのです。

たとえば、こんな感じのセットアップスーツ。

その「開発ストーリー」を読むと、
「なんとまあ、ここまで40代の体型を考えてくれていたのか!」と
あまりの献身に頭が下がり、
申し訳なさに肩身が狭くなるほどの
工夫の数々が列挙してあります。

が、

一言でいうなら、

分厚く、たるんだカラダを
立体裁断の技術を総動員してごまかし、
可能な限りスッキリと見せる


ということに尽きますな。

一種のだまし絵的効果。
エッシャー的世界。

皆さんも経験してらっしゃるかもしれませんが、
これ系のスーツを着用すると、
確かにかなりスッキリ見えます。

思わず、

「ダーツ、ありがとう!」

「立体裁断、ありがとう!」

「脚長効果、ありがとう!」

と感謝の言葉を次々に連呼してしまうほどです。

そして「よし、これで体型カバーは万全!」

と、

わずかのスキあらば、だらしなく広がろうとする我が肉体を、
衣服に叱咤激励され、かろうじて立体化されるという境遇に身をおきつつ、
電車に揺られて仕事へと向かうのです。

しか?し。
関連記事

スポンサーリンク