ティム・ガンに学ぶ? 「傷」を心の杖に、勲章に。

NHK Style up ティム・ガンのファッションチェックの8回目。

今回、登場したのは32歳の保護観察官、ローリ・ジョーンズ。

いやあ、さすがは30代前半ですな。

ツヤのあるチョコレート色の肌と
ボリュームたっぷりのバスト&ヒップがまぶしいです。

彼女は、2001年の交通事故で重傷を負い、
今も残る脚の傷を気にしているため、
スカートははかず、ダラッとしたスウェットスーツばかり。

ティムが言うところの「スウェット依存症」に陥っています。

そんな彼女の「脚の傷」と「心の傷」を癒すため、
ティムが行ったのは、大きく分けて以下の4つ。

(1)傷が目立たないストッキングを渡す
(2)腕に大きな傷のあるスーパーモデル、パドマ・ラクシュミと親密に語り合う機会を与える
(3)レラ・ローズというワンピース主力のデザイナーを紹介し、脚を出すファッションを受け入れるよう促す
(4)人情派で涙もろい女性メーキャップ・アーティストから脚のメイクを受ける

つまり、
実際に傷を目立たなくするスキルを伝授するとともに
精神面もしっかりとフォローする
物心両面からのサポートを行うわけです。
関連記事

スポンサーリンク