紙オムツして、オシャレする老後へ。

吉本隆明さんの

老いの超え方 (朝日文庫)

カラーページには、

自分でトイレに行くけれども
漏れることもあるからはいている
パンツ式紙オムツ。

紙オムツをはくと
どうしても必要になる
カビを治す薬。

など

彼の生活に必要なグッズが
カラー写真といっしょに
コメント付きで紹介されていました。

吉本さんは、私の母と同世代。

認知症の母は姉と暮らしていますが、
やっぱり必需品がたくさんあります。

紙オムツ
尿漏れパッド
何種類ものクスリ
ポータブルトイレ
グループホームとの連絡帳

などなど。

それらを

必要なグッズとしてさりげなく

写真入りで紹介しちゃった吉本さんは、

やっぱり偉いと思いました。


老いた人たちや
少しずつ老いていく人たちが、
(ま、つまり生きている限り全員なんだけど)

女子中高生やOLがポーチの中身を見せるように

とまではいかないまでも

老いた暮らしに必要なグッズを
淡々と示しながら解説する時代。

「女100人。オムツへのこだわり」

「私は語る。尿とりパッドのここがダメ」

なんて特集が雑誌に組まれる日も
遠くないかもしれませんよ。

そんな日の到来を予感することは、
ひたすら老いを否定することより
ずっと明るい展望に思えるな。

古い記事だけど、
「ほぼ日刊イトイ新聞」には、

吉本さんは、糖尿病で食事制限中なのですが、
最近、近所の店の人に、
「吉本さん、あんまんを買いましたよ」
なんて、ご家族にチクられたらしいです。
このへんのところは、スケールが、すごく小さいです。
あいかわらず、いろんな意味で「いい味」出してまして。


なんてエピソードも紹介されています。

いろんな意味で、いい味を出す。

老いた人ならではの魅力ですね。

【関連記事】
老化を先取りする、という戦略。
40代、時間を味方につけたい。
高齢者って、だれよ?


関連記事

スポンサーリンク