「味のある人」の「味」。その正体を探る!

前回の記事にて申し上げた
35歳を下限に加齢とともに増す魅力の第一候補
「味のある」の「味」。

その正体をしかとつかまえましょうぞ。

昆布出汁の正体はグルタミン酸
かつお出汁の正体はイノシン酸

ならばこの「味」の正体は

元をたどればいったい何であるのか。


その主成分をしかと見極め、
この市井にグータラ生きる私にも
わずかでも、手に入れることはできまいか。

「味の素」風な化学的エッセンスでよし、
「松茸のお吸い物」風な人工的フレーバーでよし。

ちゃちゃっと手に入るならば、
ぜひとも虎の巻を得たい。

そんなささやかな(?)野望を胸に調べてみました。

広辞苑。

味:(かみしめて知るような)物事のおもむき。面白み。

意外にそっけない。んじゃ、「面白み」を調べてみよう。

面白味:おもしろいこと。興味。おもむき。

もっとそっけない。

おもむきを調べてみよう。

おもむき:面白味。味わい。

もっともっとそっけないうえに、振りだしに戻ってるじゃん。

医療のたらい回しならぬ、

語意のたらい回し。

こんなことだから
若者の辞書離れが進むんだ!
もう知らないっ!
関連記事

スポンサーリンク