痛い40代。「流行のお下がり」に要注意!

腰パン姿で出かけようとする思春期の息子を
「だらしない!ズボンくらいちゃんと履きなさい!」と叱る
ローライズジーパン着用の40代母親。

なんて家庭内風景は、ここ何年も
フツーに見られたんじゃないでしょうかね。

今世紀に入ってから

パンツの股上は日増しに浅くなる傾向が進み、

私の保有する美脚ビジネススーツ数着も

ローライズ傾向が明らかです。

地球温暖化問題や歴史に残る政権交代や
リーマンショック以降の世界的経済危機に比べると
重要度や規模の面で劣ることは否めませんが、
この急速に進行した「ズボンの股上浅化問題」も
21世紀を語る上で欠かせないテーマの一つだと思いますが、
いかがでしょう。

お腹が冷えるという身体寒冷化問題と直結してるし。
女性にとっては地球温暖化より大問題ではない?(そんなことないか)。

それはさておき。

さきほどの家庭内親子いざこざに戻りましょう。

40代母親に叱られた息子が、
玄関を開けようとした手をとめて、
あきれたような顔で振り返り、こう言い放ったとしたら?

「じゃあ、お袋こそ、そのジーパンやめちゃえば?

そのルーツさあ、この腰パンなんだけど」

な、なんと。

あれだけだらしないと眉をひそめ、
口を酸っぱく注意してきた腰パンが
私の、この、お気に入りのローライズジーパンのルーツですって!?

あああああ。(とショックのあまり、座りこむ母親)

なんて光景も繰り広げられていたかもしれません。(ちょっと大げさだけど)


いやあ、言われてみれば、至極当然なんですが、
改めて指摘されるとちょっとびっくりしませんか?
関連記事

スポンサーリンク