40代から悩める30代女性へ告ぐ!

30代の女性は、
十分に若く美しく、うらやましい存在だけども、

人間ってのは、贅沢なもんですね。

目の前に広がる多くの選択肢を前に

決断を迫られて迷う、悩む、戸惑う人が多い。


結婚するか。
子どもを産むか。
第二子や第三子を産むか。
仕事を続けるか。
転職するか。
離婚するか。
仕事を探すか。
仕事を辞めるか。
パートに出るか。

既婚か否か、子持ちか否か、有職か否かなど
置かれた状況によって悩みに違いはあるものの
それぞれがそれぞれの立場で悩んでいる。

まじめで、理想主義で、欲張りで、臆病だ。

先日も、仕事を終えて
クライアントの30代半ばの女性と
(大きな目が印象的な美しい女性)
電車を待っていたら

「部署が変わって、いろいろ慣れなくて」
「このままずっと仕事を続けていていいのか」
「子育てだけが人生ではないと思うけど、
何かを育む人生を送りたい」

と本音が漏れた。

うん、わかるよ。わかる。

このような真摯な悩みを前にして
47歳という女性としても、人間としても
もう十分すぎるほど十分に年を重ねた先輩は
何を言ってあげられるだろうか。
関連記事

スポンサーリンク