山マダムはどうだ!?40代のアウトドア。

今年に入ってヒタヒタと押し寄せる
若者たちのアウトドア潮流。


どうしたものか。

森にいそうな雰囲気だけど、
そんな格好でほんとに森に行ったら
虫にかまれまくりそうな
森ガールの出現までは黙認してきました。

可愛いし。

草食系男子とそこらでデートしてくれる分には、
無害でよろしいし。

しかし。


山ガールとはいかがなものか。


山といえば、
山登りときて、

山登りとくれば、
「中高年」のなかでも若干、「高年」寄りの方々の
御夫婦とか、グループとか、サークルとかに大人気ときて、

高年寄りの中高年とくれば、
服装は実用一点張りときて、
御用達ブランドは比較的親しみやすい価格のモンベルあたり・・・

というのが王道だったんじゃないですか。

中高年と山岳部に愛されてきた、日本の山々。

ちゃらちゃらしてシャクにさわる若造のいない山道を、
ときに我が人生を重ね合わせながら
重き荷を背負いて登る静謐な時間。

もう、そのままそっとしといてくれりゃいいのに、
今年の中ごろからちょっとおかしなことになってきましたよ。

たとえば、
関連記事

スポンサーリンク