オシャレ上級者のめざす道。

「THE SARTORIALIST」
秋の装いに身を包んだ
ニューヨークやミラノの
オシャレ人スナップが登場しはじめました。

楽しいなあ。

おしゃれっていいなあ。

今ならトップページに掲載されている
ダンガリーシャツとジーンズの女性。
(WEDNESDAY, OCTOBER 28, 2009
Style Profile...Dianna Lundt, NYC)

2枚ともかわいいから、
ついでに彼女のインタビューを
あんまりわからないながらも眺めていたら、

こんなやりとりを発見しました。

---------------------------

Describe your personal style
あなたのスタイルを一言で表すなら?

Shambolic


---------------------------

うん?シンボリック?

違うなあ・・・。

シャンボリック・・・・・シャンボリックゥ??

わからん。

辞書を調べたら、「混乱した、 乱雑そのものの」とありました。

なるほど。

---------------------------------

あなたのスタイルは?

う?ん、メチャメチャかな。


----------------------------------

って感じでしょうかね。

自分の感性でいろいろなものをミックスしている
と主張してるのかな。


オシャレ上級者ならではの

乱雑なようでいて絶妙な統一感。



かの吉田兼好氏も

その名随筆「徒然草」のなかで

「物を必ず一具にととのへんとするは、
つたなきもののすることなり。
不具なるこそよけれ」
(調度品なんかを同一系統に統一するのは
美の感覚が鈍いんであって、
不揃いなのがむしろよいのだ)

と書いています。
(うん、芸術の秋にふさわしい引用だな)

700年あまりの時を越え、
日本とアメリカという国境も越え、
隠遁者とファッションエディターという職業の違いも越え、
脈々と受け継がれる
美の感性。


自分の好きなものを

心のおもむくままに集めて

その様子が魅力的で美しい。


ファッションにしろ
インテリアにしろ
究極、これですかね。

Shambolic、狙ってみる?


【関連記事】
40代。秋の陰影こそ、強い味方!


関連記事

スポンサーリンク