出家して老いの価値を高める!?

40代向けの雑誌について書いていたら、
柄にもなく、評論家みたいな口調になってしまい
「ちょっと偉そうでないかい?」と反省。

てことで、
引き続き、書くつもりでいるものの(おいおい)

今日は、ちょっくら、いつもの
ラチもない内容でいかせていただきます。


瀬戸内寂聴さん。


あの方が頭をまるめることなく
「瀬戸内晴美」のペンネームのまま
奔放な女流作家として創作を続けていたら、
類まれな「現役感」は実現可能だっただろうか。

という問題について、どう思われます?


「そんなこと急に聞かれても・・・」
と戸惑ってらっしゃるところ申し訳ないが、


不可能だった

と思いますね。


不可能じゃなくても

かなり困難だった


と思いますね。
関連記事

スポンサーリンク