背中の若さを保つには?

「表裏がない人だ!」
って言われるとうれしいけど、
ほんとは、なんにだって裏はあるもんです。

たとえば、魚。
そうですねえ。
サンマは、あんまりわかんないけど、
カレイには、はっきりある。
じっと海底にへばりついているからかな?
ちょっと腹黒い感じ。(白いんですけどね)

繁華街の飲食店にも裏はあります。

お寿司屋さんの裏側には
タオルや手ぬぐいが
ちょっと淫靡な白さで干してあったり。

中華屋さんの裏側には、
玉ねぎやキャベツの段ボールが
たたまれることなく散らばっていたり。

こうやって考えると、


裏は、表よりずっ?と雄弁。


フツーの家もそうですよね。

プランターとか健康器具とか
「一度はやる気になったものの放棄した」
挫折品の数々が山となっていたりするもんね。

そんな風景がたまたま目に入ると、
見ちゃいけないものを見てしまったような、
だからこそ、もっとじっくりと時間をかけてのぞき見して
その家庭の怠惰や倦怠や家族関係や経済状態なんかも吟味し、
つかの間の優越感に浸りたいような
誘惑に満ち満ちた裏庭。


これって、人間の外見でたとえるなら、

「背中側」ってことになるんでしょうか。


関連記事

スポンサーリンク