「おひとりさま」の準備はOK?

身内の話で恐縮ですが、
去年の春に退職した姉(現在60歳)。

コーラスにフラワーアレンジメントに
公民館の経済学やら料理やらの講座に
ソン・イルグクを中心とした韓ドラ鑑賞にと
絵に描いたようなセカンドライフを満喫中です。

年の離れた私にとっては、
マジメ一方な姉に見えていましたが、
その裏に、恐るべき能力が隠されていましたよ。


それは、


一人上手


という能力。


退職直後から、あっけらかんと

●サークルや講座など新しい世界に次々に飛び込む。
●過去の友人に積極的に連絡を取る。
(相手の反応が鈍かったら仕方ないと深追いしない)
●ガーデニングや介護資格取得などに挑戦し(挫折する)。
●一人の時間は韓国ドラマとピアノの練習にいそしむ。


そのバイタリティたるや恐るべし。


本人が望むと望まざるとにかかわらず、
シングルを貫いた年月と
働きつづけた年月と
両親の老いを受け入れざるを得なかった年月と
そして自分で稼いで得た金銭的ゆとりによって
半分は意図的に、半分は自然に獲得していた


生きる力。


最近では、かつての仕事仲間と
「終の棲家」を探すプロジェクトまでスタートしたとか。

既婚者1名、離婚経験者2名、独身者4名から成る
50代後半から60代前半の女性が集まって、
適度な距離を保ちながら助け合って暮らせる住まいを、
それぞれが情報を持ち寄りながら、
観光気分で見学に行っているらしい。


姉は、団塊の世代。
ロックだ、ヒッピーだ、学生運動だと
若者の価値観が世の中を席巻した割には、
大半が結婚し専業主婦になった保守的世代。

シングルという生き方が、
個人の選択とは受け取られなかった時代。

本人いわく「コンプレックスの塊」
として過ごしたらしいが、
その年月こそが、

一人を楽しめる力



協同しあえる友人

を与えてくれたんだと思う。



私も

死なない限りは、

一人になる。



大丈夫かな?私。


そんな友だちいないぞ。
しかも、お金もないぞ。


やばくね?


お芝居じゃないけども

読み合わせ
立ち稽古
リハーサルを経て
「おひとりさま」という
舞台の本番に臨みたい。

精神的かつ金銭的な準備が必要ってことか?



【関連記事】
40代以降、マジメが身を滅ぼす!?
未来予想図は♪一人ぼっちの独居老人。
40代のリネンは、理念あってこそ。

関連記事

スポンサーリンク