「新・自分」のためのヘアスタイル

人気漫才コンビ・フットボールアワーの岩尾くんが
洗顔したら、キムタクになるコマーシャルみたいに、

私もヘアカットしただけで
樋口可南子になりたかったけど、
夢かなわず。(カボチャが馬車にならないのと同じね)

しかし、この延長線上に
「新・自分」を作るつもりなので、
気分はそう落ち込んではおりません。

私にとってファッションは、


「自分という人間の情報発信」


美しいか否かより(←明らかに美しくないので)
若々しいか否かより(←明らかに年相応なので)


自分が「どんな人間か」を

過不足なく表わしていることがとっても大切なのです。



(情報発信としてオーケーなら、
赤い髪でもスキンヘッドでもおばさん風でも
一向に構いません)

それが、このところ揺れてたのよね。

鏡に映る自分に納得できなかったのよね。

関連記事

スポンサーリンク