ヘタな節約が招く「オバちゃん化」

いやあ。不景気ですねえ。

円高セールだ、
激安ジーパンだ、
290円弁当だと
なだれを打つように価格破壊が続いていますが、
それでも「パーっ!」と使う気になれません。

アウトレットっても、
元の値段が結構するしね。

ユニクロだからって
油断してたら結構な額になっちゃうし。

食費や住居費や教育費なんかは
そうそう削れないもんねえ。
というわけで、
このご時世では、勢い


衣服費の節約。


ってことになりませんか。


もしくは

美容費の節約。


・すべて去年の服で間に合わせる
・小物やアクセサリーを衝動買いしない
・ブラもショーツも破れるまで使う(破れても使う)
・礼服は友人に借りる
・ホームクリーニングに徹する
・美容院に行く回数を減らす
・自分でヘアカラーする
・化粧品の価格を落とす


などなど。


つまりは、

女としての美しさの維持にコストをかけない

という選択です。
関連記事

スポンサーリンク