笑顔はシワのもと?若さのもと?

唐突ですが、今日は、

看板

について申し述べたいと思います。


そもそも、アンチエイジングの観点に立つと、
表情は動かすべきか。
動かさざるべきか。
それが問題でした。

顔の表情を動かすとその部分がシワになる。
顔の表情を動かさないと筋肉が衰えてたるむ。

行くも地獄、戻るも地獄。


いったいどうすりゃいいの?


と思ってきましたが、


表情は動かす。


という方針に決めました。

それも、単に動かすだけでなく、


可能な限り、大げさに動かす。


という方針でいきたいと思います。

というのもですね。


高齢者の笑いからは、
本人の感じているおかしみの感情が
実際より低くしか見積もられない


なんて実験結果を知ったからなんですね。

簡単に言うと、こういうことです。

たとえば、お正月。

家族全員がそろって茶の間のコタツに入り、
みかんを食べながら、
お笑い番組を見ています。

漫才は、「カウスボタン」とか「いくよくるよ」みたいな
掛け合いのスピードが速すぎない、
安心できる内容だったため、
おじいちゃんもおばあちゃんも「大笑いしている」。

にもかかわらず、

孫の目から見るとおじいちゃんもおばあちゃんも
とっても、つまらなさそう」に見える。

みたいなことです。


いやあ。

お年寄りは感情の起伏そのものが
なくなっているわけじゃないんですね。
(多少はあるかもしれませんが)

それよりも、


若いときからやってきた

「この感情のときは、この表情!」

という自己の顔面イメージと

実際の表情がずれてきちゃう


というわけです。

(意外にも、ファッションやメイクの問題と共通していますね)

幼い子供に笑いかけるお年寄りの表情が、
「とってつけた」みたいに見える場合があるのも、
「イメージと表情のズレ」に由来しそうです。

いやあ、これは一大事ですぞ。

とくにユーウツ系の表情が定着した人に、
この傾向が顕著らしい。(いかん、いかん)

箸が転んでもおかしい年ごろは
とっくに過ぎましたが、
こうなったら年齢なんて気にしちゃいられません。

なんにも転げなくても
大げさに、お腹を抱えて、
顔なんか、もう、くしゃくしゃにして
涙も鼻水も、もう垂れ放題に垂れさせて、
七転八倒しながら笑い転げましょうぞ。


40代の今から、感情表現を豊かに、

とくに笑顔を大げさにして

表情筋にとことん形状記憶させるべし!!




その際、若者が「バカじゃないの?」と冷たい目で見ても、
気にしちゃいけません。
その「バカじゃないの?」という皮肉な表情が
無表情な老人への第一歩なのですから。
彼らの遠い将来を楽しみに放っときましょう(´艸`)

豊かな表情のまま年を重ねられたら、
どんなアンチエイジング技にも勝る
人生の宝になるかもしれませんぞ。



★以上、老いはこうしてつくられる―こころとからだの加齢変化 (中公新書)を土台にしています。


【関連記事】ほんとのところ、アンチエイジングってどうよ?こちらの記事もどうぞ♪
アンチエイジングをどう考える?
「おひとりさま」の準備はOK?
アンチエイジングの深層心理とは?


★ファッションから更年期の体の変化、心のあれこれまで!こちらから過去記事一覧もご覧になれます。

★ランキングに参加しています。
いつも応援していただき、ありがとうございます。心よりお礼申し上げます。
引き続きクリックいただければうれしいです。


にほんブログ村 40代の生き方
人気ブログランキングへ


関連記事

スポンサーリンク