自分が好きな服ほど似合わない。

な?んて挑発的なタイトルで始めてみましたが、
もちろん私には、そんなこと断言する勇気も資格もありません。

発言の主は、メーカーズシャツ鎌倉の会長・貞末良雄氏。

一流ブランドでは1万5000円から2万円はするシャツと同じ
高品質のモノをわずか5000円で提供、
業界の異端児としてここ数年急成長してきた

(以上、カンブリア宮殿ホームページより抜粋)
鎌倉シャツを率いる「シャツの鬼」と呼ばれる人物です。

先日は、「カンブリア宮殿」にも出演され、
異様にだらしないネクタイ姿の就活男子に
喝を入れておられました。
(この番組の反響は大変、大きいようで、
サイトにアクセスできないこともしばしば)

その貞末氏のファッションコラム「オジさん改造編」
一部がこれです↓↓↓↓


「自分が好きな服ほど似合わない」

これは、私達の経験値で言われており、

かなり重要なことなので記憶しておいて欲しい。



ひえ?!!あくまで男性を対象にしているものの
なんだか耳が痛い言葉じゃありませんか!!


さらに続けて、


特にカジュアルウェアの様に、
着用にルールの無い服装はむつかしい。

その人の感性も問われるし、
体型という曲者が邪魔者であるし、
何しろ、安上がりに全体をまとめてしまうと、
全体がとてもチープ感(素材の光沢感、手触り、縫製のグレード等)が漂う。

服が安い時は、すごく高級な靴やバッグ等の装身具にお金を掛けて、
バランスを取る事が重要になります。

(すごく高級って、やっぱすごく高級なんだろなあ←Carina加筆)

全てを安物でまとめると、
体型でカヴァー出来る若者の肉体のフレームでもない限り、
とても貧相な人に見えてしまいます。

(中略)

上質な無地を上下で着用することがどんなに格好良いか、
認識して欲しい。



う?ん。

女性のファッションには、
男性のビジネススーツのような規範がない分、
貞末氏の指摘する「カジュアルウェアの難しさ」が
ギュッと凝縮しているといえますまいか?

貧相かあ。そうだよな。シュン。

というわけで

全体がチープにまとまりそうなときは、

すごく高級な靴やバッグなどで

バランスをとりましょう。



え?私ですか。私も


超低予算という制約のなかで

可能な限りチープ感を薄める

努力を続けたいと思います。

(高級感を演出するのでなく
チープ感を薄めるというのが、
すでに貧相ワールドに片足突っ込んでるな)


この貞末氏のコラムは、男性に向けたものですが
「ダンナの服を買うのは、もっぱら妻である私なの」とか
「彼氏の服選びには、いつも私がつきあうの!」といった
男性の服選びに関与する女性たちも、ぜひ一読を。


(男性の洋服世界には)
ファッションではなくスタイルが優先されます

なんて一文は、

社会との接点の増えた現代女性にも
示唆に富んだ言葉ですね。



【関連記事】よければこちらの記事もどうぞ♪
40代の美脚パンツスーツは正解か?

★ファッションから更年期の体の変化、心のあれこれまで!こちらから過去記事一覧もご覧になれます。

★ランキングに参加しています。
いつも応援していただき、ありがとうございます。心よりお礼申し上げます。
引き続きクリックいただければうれしいです。


にほんブログ村 40代の生き方
人気ブログランキングへ

関連記事

スポンサーリンク