主婦度を下げて女を上げる!

というわけで
清水の舞台から飛び降りる覚悟で(笑)
旅行に出かけたわけですが、

2週間ほど前のローマは
好天ではあるものの、まだ肌寒く、
女性たちは、老いも若きも、

・ジャケット
・ストール
・サングラス
・ブーツ


を各々のスタイルで小粋に着こなして
街を闊歩し、カフェを占拠しておられました。

トラットリアの屋外テーブルで
熱々のピッツァを
フォークとナイフを使って食べながら
長々とおしゃべりに興じている
女性同士のグループ。

そのマダム然としたお姿は、

「今日の晩ごはん、どうしよ?」
「もう邪魔くさいなあ」
「総菜買って帰ろかな」
「ピザでお腹いっぱいになったしな」
「そうそう。もう、買ってかえろ」
「うん。そうしよか」

なんて世帯じみた会話を交わしているようには見えません。

(以下、急に小声になって)
でもね、ここだけの話ですけど、

悪口は言っていると思うな。

何を言っているか皆目見当つきませんが、
悪口は言っていると思うな。
それで結構、盛り上がっていると思うな。
案外、みんな悪口好きな感じがしたな。ローマ市民。(←根拠なし)

そんなことはともかく、

初めて目にする風景を前に
中学生の娘が言い放った一言がこれ。


「あの人たちは、マダム。お母さんは、主婦」


え?


でもな。


ビミョーにわかるな。


「家庭」の着脱が、うまくいってないんですよね、きっと。私。


異性を根こそぎ捕獲する「底引き網」は引いてないものの、
家庭の雑多な物がごちゃごちゃと詰まった「背負い袋」みたいなものを
いつでもどこでも、しょって歩いている感じ。

いつも、どことなく主婦。
つねに、そこはかとなく主婦。
みたいな。

一日の思考のかなりの割合を
「今日の晩御飯」が占めているからか。

いざ、ご飯の心配のない旅行になっても
その癖が抜けず、
我知らず、「家族を引率するかあちゃんの図」に
なっているんだろな。

いやあ、もう、私も40代後半ですしね。
娘は中2だし。
ダンナは鼻から大人なんだし。


徐々に主婦度を下げていこう。


そして

年を経た者の
優雅とか
成熟とか
あわよくば色香なんかを
手にするんだ。

がんばれ?>私。


時に応じて、家庭を着脱すべし。



【関連記事】
主婦が美しいファッションは?

こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
等身大の悩みや迷いが凝縮!(ほんとかな)うわめづかい

★いつも応援くださりありがとうございます!これからもよろしくお願いしますハッピースマイル

にほんブログ村 40代の生き方
人気ブログランキングへ

★たくさんのコメントありがとうございます!!
いつも即座に読ませていただいています!お返事遅れに遅れてまことに申し訳ございません。
また皆様のブログにも遊びに行っておらずすみません(>_<)
あと少しで時間が作れるのでもう少しだけお待ちくださいませm(__)m

関連記事

スポンサーリンク