生きてる?心のなかの動物。

花を見れば自動的に「キレイねえ」、
シャネルのマークがついていればそれだけで「さすがねえ」、
何代も前から軽井沢に別荘を持っていると聞くとすかさず「リッチねえ」
などという女とは対極にある女らしさ。


中野翠氏が「アメーバのように。私の本棚 (ちくま文庫)」のなかで
武田百合子氏の日記について書いていました。


ズキュン。


昨日、ママ友だちとお花見しましたが、
私の会話なんか、まさしく
この「キレイねえ」「さすがねえ」「リッチねえ」の
オンパレードでしたよ。

付け加えるなら、

「賢いねえ」「うらやましいねえ」「偉いねえ」くらいか。

こういう世間的な感受性と自動的な言葉を繰り出して
さまざまな場をやりすごす習慣が、
私の毎日を少しずつ、少しずつ、
つまんなくしているんだ。

武田百合子みたいには
どう逆立ちしても書けないけどさ。


固定観念やおきまりの感覚に支配されない。
何か、動物的なものが文章の向こうで跳梁している。



ぐわあ。かっこいい。


動物的なものの跳梁だって。


私は心のなかにどんな動物を飼っているんだろ。


おーい。生きてるか、動物。
瀕死だったりして。
私が死んじゃう前に助けねば。急げ。


【関連記事】
ハンパな自意識、邪魔してない?

こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
等身大の悩みや迷いが凝縮!(ほんとかな)うわめづかい

★いつも応援くださりありがとうございます!これからもよろしくお願いしますハッピースマイル

にほんブログ村 40代の生き方
人気ブログランキングへ

★たくさんのコメントありがとうございます!!
いつも即座に読ませていただいています!お返事遅れに遅れてまことに申し訳ございません。
また皆様のブログにも遊びに行っておらずすみません(>_<)
あと少しで時間が作れるのでもう少しだけお待ちくださいませm(__)m


関連記事

スポンサーリンク