年をとって無謀になる勇気、ある?

Twitterをやっている友人のつぶやきを見ていたら、
私が話したイタリアの土産話について触れていました。

そうだった、そうだった。

彼女を励ますために話したんだった。

そして、このブログにも書こうと思っていたんだった。

というわけで、

いつまでも引っ張って申し訳ないけども
3月末に出かけたローマ旅行の話を再び。


一人の日本人女性についてです。


ヴァチカン美術館を訪ねた後、
トレステヴェレというあたりに移動しようと、
ミニバスに乗った瞬間。

背中に聞こえたのは、


「イタリア語がおわかりになりますか?」


という日本語。


振り返るとそこには、
70代後半と思われる小さくて平凡な日本人女性が
たった一人で立っていました。

白いブラウスにグレーのズボン。
首に透明のジッパー付きファイルを下げて、
中には地図や時刻表が几帳面に重なって入っていました。


「わかりませんが、できるだけ伝えてみます。何でしょうか」


女性は地下鉄の駅を探していて、
私はそれを片言の英語で運転手に伝えるものの、
あいにく運転手は、英語がまったく話せず、
発車時間が迫っているため、
イタリア語とアクションで性急にまくしたて、
私たち家族以外の唯一の乗客である
仕事が終わって家に帰るもう一人の運転手
(↑私たちをバス停まで連れてきてくれた人)も
これまた英語が話せない・・・

バスのステップに立ったまま、
埒の明かない会話に右顧左眄し、
いよいよ発車と扉が閉まる寸前に
その女性に「大丈夫ですか!?」と
切羽詰まった口調で語りかけたら、


大丈夫です。ありがとうございました。


と拍子抜けするほど動じない声で言われ、
その人は、軽く頭を下げて体の向きを変え
そこらの階段を片足ずつ慎重に降りていきました。


「え?、しゃべられへんのに一人旅?!?

無茶やわ。どうすんの!?あのおばあちゃん!!」


と騒ぎ立てる娘。

「あの人は大丈夫や」と根拠無く断言する夫。

いやあ。

旅慣れた雰囲気を装う風もなく、
不慣れを恥じる風もなく、
老いを嘆く様子もなく、
狼狽するでなく、
ファイルに入った地図やパンフレットと同じように
小さな背筋を律儀に伸ばして
崩れのない日本語で歩く人。

信仰があるのかもしれないし
そうじゃないかもしれないけど、

小高い丘をバイオレンス映画みたいに
激走するバスのなかで


ああ、私、これから何度も、思い出すんだろうなあ。


となんだか、ありがたく思いましたよ。


老女の無謀な旅は、
もう、それだけで厳かです。


【関連記事】
笑われても自分の歌を歌おう。

こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
等身大の悩みや迷いが凝縮!(ほんとかな)うわめづかい

★いつも応援くださりありがとうございます!これからもよろしくお願いしますハッピースマイル

にほんブログ村 40代の生き方
人気ブログランキングへ
関連記事

スポンサーリンク