小林麻美みたい、って成功か?

先日、広報誌の仕事で一組の母子を取材しました。

お母さんは、50歳前後。
娘さんは、大学生。

一般の方でありながら
撮影ありの取材を引き受けてくださっただけあって
きれいで上品な母子です。

娘さんは小柄で可愛らしいのですが、
お母さんは、長身のスレンダー美人。

若いころは、娘さんをはるかにしのぐ美貌だったはず。

丁寧にスタイリングされた巻き髪風ロングヘア。
白いシャツに黒いパンツスーツという装いで
壁にもたれて立つ姿なんか、
もう、あなた、宝塚スターみたい。

取材後、
私を含めたスタッフたちは、口ぐちに
「スタイル抜群!」
「足、長いねえ」
「あの髪、難易度高いよ?」
と称賛の嵐。


「小林麻美が年とったみたいやなあ」


一人のつぶやきに、
高齢化の進むスタッフたちは、
「それ、だれ?」と尋ねることもなく
深?く納得しました。


「ああ、そうそう!小林麻美」
「どうしているんだろう、小林麻美」
「田辺エージェンシーの奥さん!」
「そうそう、『ある事情』!」
「ある事情があって?♪」

などと思いつくままに口走り、歌い走りながら、
思いは懐かしき1980年代へ・・・・


いやあ、ほんとに小林麻美さん、どうしているんだろう。



取材したお母さんみたいに
あのままの雰囲気で美しく年を重ねているんだろうか。

それとも、別人みたいに変貌しているんだろうか。

たとえば、

家事を思いっきり楽しんでて
平野レミみたいになっているとか(笑)

そんな変身も素敵だなあ。

な?んて思っていたら、
4年ほど前の写真ではありますが、
比較的最近のお姿を発見しましたよ。

正解は「あのままの雰囲気で美しく変貌している」でしたね。

それにしても不思議なのは、
取材したお母さんのほうが
本物の小林麻美さんより、
かつての「小林麻美」に似ていたことです。


昔のスターに似ているって

素晴らしいことなのか。

ビミョーに古いってことなのか。



このあたり、ちょいビミョーかもしれない。


【関連記事】
松田聖子に学ぶエイジレス。

こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
等身大の悩みや迷いが凝縮!(ほんとかな)うわめづかい

★いつも応援ありがとうございます!これからもよろしくお願いしますハッピースマイル

にほんブログ村 40代の生き方
人気ブログランキングへ

関連記事

スポンサーリンク