ワンピースの効能(2)?着まわしからの脱却

先日来、ご紹介している齋藤薫氏の「されど“服”で人生は変わる」は、
自分と服選びを考える上で誠に良い本です。

意気阻喪する箇所もたくさんありますよ。

たとえば、

1万5000円クラスの靴をはく人。
3万円クラスの靴をはく人。
そして7万円以上の靴をはく人。
それがもたらす明快なランクの差。
実際のランクがどうかより、
本人の誇りに大きく影響してくるのだ。


とか。

いつも思う。旬のブランドを持っている女に
暗い女はいない。
少なくとも、くたびれて見えたり
悩みのある女にはぜったいに見えない。
ひとまず貧しそうには見えない上に
ひっくり返っても不幸そうには見えない。
(略)
たぶんこれがブランドの力なのだろう。


とか。

「1万5000円クラスの靴をはく人」
(それ以下のこともあり)であり、
「旬のブランドバッグを一度も持ったことのない人」
の私ですが、


齋藤さんの指摘はよくわかります。


高額で上質な商品を買うとき、
必要なのは、財力だけじゃないもんね。
決断力や優先順位をつける能力、自分への投資力なども
同時に求められているもん。

だから、
一人の女が、その決断とともに、
爽やかに「旬のブランド」を身にまとうとき、
生命力や自信、愛くるしい世俗性、
人生を謳歌できる現実性なんかを
明確に表現することができるんでしょう。

ブランドとは何か。
バッグやコートの何を大事にすべきか。
「愛され服」とは何か。

などなど、
どのテーマも興味深く、
自分に喝が入り、やる気が出ました。

というわけでワンピースですが。

齋藤さんは、これについても

「着まわしからの脱却」

という章のなかに


それでは一生、ワンピースを着られない。


という刺激的な文章を書いています。
関連記事

スポンサーリンク