本末転倒!?我らのUV対策。

今年は天候不順ですが、
間もなくゴールデンウィーク。

初夏ですね。

紫外線が気になり、
その結果のシミが気になり、
その予防が気になり、
顔を隠し、腕を隠し、全身を隠す時期が
近づいてきました。

若さを維持するために。
美白を守るために。
紫外線老化によるシミ、シワ、老け顔を予防するために。


ひたすら。


太陽をさえぎって歩く。


夏なのに。

まるで宗教的な制約でもあるかのごとく、
隠しに隠して歩く。

最大の疑問は、


そこまでして守り抜いた中高年の「若さ」と「白さ」を

どこで披露するのかということです。



暑い盛りに
衣服の下で流れおちる汗や
帽子の下でペチャンコになってしまう髪や
すべてが「UVしてます」になってしまう格好悪さなど
忍びがたきを忍び、耐えがたきを耐えて
懸命に守りぬいた顔やデコルテをいったい、
どこで誇らしげに披露するのか?

その後にやってくる秋や冬に、
イブニングドレスでも着る機会があって
松田聖子や小雪並みの白肌デコルテに
絢爛たるジュエリーを輝かせ、
夏の我慢の成果を誇らしげに披露する機会があるのか。

ないよ。

少なくとも、この私にはまったくありません。

てか、白くないし。もともと(泣)。

冬の足音が聞こえたら、
紫外線への警戒を解くかわりに
防寒への備えを固めるだけでした。
昨年も。その前の年も。


ほら、そして、

また初夏がやってきた(ため息)。



いやあ、晴れた日なんかには、
早くも完全防備の女性が出没していますね。
(オバチャン度の高い人が多いのも不思議。その情熱、どこから??)

ああ、もう、今年は、
過度なUV対策、やめちゃおう。

夏らしいノースリーブ。
夏らしいトップスを
腕カバーだ、サンバイザーだ、UVジャケットだなんて
数々の防御装置で隠さず歩くんだ。

このたるんだ肌は、これからの人生で一番、ハリのある肌だ。

この夏、着たい服は、この夏の私に一番、似合う服だ。


私はね、今年、


意図的に「肌みせ」しますよ。


この国の、過度な、

・色白信仰
・中高年女性の「痛さ」弾劾


傾向に静かに抗っちゃうんだ。
光老化を恐れすぎて、心が老化しちゃうよ。

今後、続々と仲間入りする
「新・中高年」「新・年寄り」のためにも
「現・中高年女性の肌見せ」を
あたりまえにする文化を定着させなくちゃ。(大きく出たな 笑)


「絶対焼かない」クリームもあることだし、
黒光りするほどの日焼けだけは警戒しつつ、


堂々と、意思的な表情で、露出。


生きやすい社会のための、プチ戦いのつもり。←大げさ


★とはいえ「透きとおるように白い肌の女性」はいくつになっても美しいので、
その路線を行ける方は、夏の装いを犠牲にしてでも、ぜひお守りくださいませ。

★フランス人ジャーナリストの「日本の良さが若者をダメにする」
という興味深いコラムとそれに言及した海外在住(ニートを自称する)若者の
「日本の日常生活の質の高さの裏にあるもの」(←冒頭のみ音が出ます)を読み、
ますます「うん。肌見せしよう」と意を固めた私。
動機としてあまりに遠いか(笑)。

【関連記事】
去年はこんなこと言ってました。一貫性がないこともないビミョーな記事です(^^ゞ
↓↓

どうする?紫外線の警戒レベル

こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
等身大の悩みや迷いが凝縮!(ほんとです)うわめづかい

★いつも応援ありがとうございます!これからもよろしくお願いしますハッピースマイル

にほんブログ村 40代の生き方
人気ブログランキングへ

関連記事

スポンサーリンク