年下女子がバッサリ!40代の欲望。

サイゾーウーマンの「女性誌レビュー」は
発売したての女性誌を
20代や30代(おそらく)の女性ライターが
バッサリ切っちゃうという内容。

私たちが若かったころとは、
甲田益也子さんが専属モデルだった時代とかね)
完全に立ち位置を変えてしぶとく生き残っている
ananについての記事がこれ↓

「彼の"袋"を感じろ!」「an・an」セックス特集は、謎の職業"ヒーラー"が活躍

タイトルも刺激的(笑)ですが、記事の内容も面白いです。

ぜひ、ご一読を。

それはそうと、
清原亜希さんから富岡佳子さんに
表紙モデルが変わったSTORY

富岡さんのあまりの可愛さ。
あまりの初々しさと美しさ。
奇跡のように楚々としたルックス。
意気阻喪しませんかね。一般の40代女性。
(48歳の私には、もはや他人事 泣笑)

そのSTORYについての記事がこれです↓

新カバーモデル+勝間和代の恋愛対談で、さらに進化した「STORY」

どのように進化したか、
興味のある方は、リンク先の記事をどうぞ。

このサイゾーのコラムが面白いのは、
20代や30代の女性たちが、
「STORY」が体現する現・40代の欲望を
どのように見ているのかが、わかるから。

毎号毎号、バブルにかすりもしなかった20代、30代を顧みもせず、
40代に向けて虚構という名のストーリーを語ってくれる「STORY」。
輝ける40代、新しい40代。
現在および過去ですら輝いてはいない私たちだからこそ、
お手本にしなければなりません。

とか、

地球は40代の為に回っている的な自己肯定能力に完敗いや乾杯

とか

要するに全神経を集中して"恋してる"自分を妄想せよというご教示が掲載されている「STORY」。息子から隣の旦那まで、オカズには事欠かない40代女性の日常を鋭くえぐる渾身の特集でした。

とか。鋭い(笑)

この分析を、


「至極、ごもっとも。年甲斐もなくお恥ずかしい」


と反省して自粛するか、


「それって不景気時代に育った世代の非モテ系ひがみね」


と無視するかは人それぞれ。


しかし、まあ、
アラサーから下世代の女子と現・40代とは
かなりの感性的断絶があるってことは、
知っておいたほうがいいだろうな。

STORY(虚構)の中だけじゃ生きていけないからね(笑)


【関連記事】
乗り越えよう。アラフォーの孤独。
こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
等身大の悩みや迷いが凝縮!(ほんとです)うわめづかい

★いつも応援ありがとうございます!これからもよろしくお願いしますハッピースマイル

にほんブログ村 40代の生き方
人気ブログランキングへ


関連記事

スポンサーリンク