40代。バッグや靴の価格は?

昨日の記事に書いた中学校の懇談会
仲良し2人のお母さんと坐ったのですが、
膝に置いたバッグは3人とも合成皮革でした。

一人は中学校の先生47歳。
一人は専業主婦42歳
そして私、フリーのコピーライター48歳。

膝の上には、仲良く
5千円以下(であろう)合皮バッグ。

いけませんな。

最近の合皮は
かつての合皮と異なり、品質が大きく向上しているため
本物の革に似ていなくもないけれども、
合皮キャリアの長い私には、
合皮ならではの軽さとあの冷たい触感が、
ズバリわかります。

さらに、

仕事のときは資料だ、本だ、ノートだ、ポーチだ、
ときには弁当だ、エコバッグだと詰め込むので
大きなトートバッグを使っているんですが、
これまた、ナイロンがメイン。
(縁取りんとこと、持ち手のとこだけが牛革。
本革含有率5%未満ってところですかね)

いけませんなあ。いよいよもって、いけません。

参観では目立たないように安物を持つって選択も
あるような気がしますが、
仕事ではねえ。
私、四捨五入すると50歳ですよ。
ちゃんとしたバッグを持ってしかるべき年齢でないかい?

な?んてことを考えていたら、
クロワッサンプレミアム6月号で、
ファッションジャーナリストの西山栄子さんが

パリもミラノも靴、バッグ、アクセサリーには
お金をかけて、いい物を「重し」として使っています。
その点では、残念ながら日本女性はもう一歩と感じました。
プレミアム世代になると、自分を助けてくれる
「いい一品を選ぶこと」も大事ですね。



おっしゃる通りです!!!


バッグ
アクセサリー

それに

財布とメガネ

も僭越ながら付け加えさせていただきましょう。


これらの小物は絶対に、「いい一品」であるべきです。


重しがあると、なしでは、
「存在感」が全然違うもんね。


小物にきちんとお金をかけている装いは、

エンゲル係数の高くない家庭の雰囲気に似ている。



食うに追われていない、というか
着るに追われていない、風情。

食器や植栽のチョイスなんかが、
ゆとりとこだわりの表現であるように
靴やバッグやアクセサリーのチョイスも、
ゆとりとこだわりの表現なんだよね。


わたしも、年相応のゆとりとこだわりを表現したいです!!


ぜひともそうしたいです!とは思うものの・・・

西山さんのおっしゃる「いい一品」って
明らかにハイブランドものなんですよねえ。


無理でしょ。


分不相応な重しをつけたら、
重しがつきすぎて、沈没するぞ。いろんな意味で。


う?ん。


この私に相応しい「重しの価格帯」っていかほど?



1万5千円以上3万円以下



思い切ったよ(キッパリ)
安いなんて言わせないよ(ジロッ)


今年は、これでいこう。
メガネには、もちょっと出すつもり。←わざわざ書いてどうするのか。

服がほとんど買えなくなるという問題が残るが、
それは、もう、おいおい考えよう(おいおい)。


【関連記事】
40代こそ、アクセサリー適齢期!

こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
更年期の体の変化とか、そんなあれこれも書いています!!うわめづかい

★いつも応援ありがとうございます!これからもよろしくお願いしますハッピースマイル

にほんブログ村 40代の生き方
人気ブログランキングへ


関連記事

スポンサーリンク