叶恭子。唯一無二の存在感に学ぶ。

叶姉妹、なかでも叶恭子さんは、
その豊満すぎる胸やぽってりすぎる唇と同じくらい、
男性にとっても、女性にとっても「やや手に余る」存在ですね。

男性にしてみれば
「ああ、もう少し、日本人好みの『適度なボリューム』でいてくれれば…」
であるかもしれないし、

女性にしてみれば
「ああ、もう少し下品であればバカにすることもできるのに、
変に言葉づかいが上品だったりして、扱いに困る。
ねえ、上品なの?下品なの?セレブなの?キワモノなの?」
であったりして、

そして、


「まあ、なんだかよくわからないけど、

どうでもいい存在ってことにしておこう」



と片付けている人が多いんじゃないでしょうか。


失恋して落ち込んだ娘を前に(←引っ張って申し訳ない!)
妙に張りきったウザい母親(←私)は、
その心配と関心をストレートな質問や干渉として
ぶつける度胸がないもんだから、
ネットで「思春期向けの良書を探す」という
「いい母親ぶり」が鼻につく嫌味な行動に出ました。

そして、購入したのが
2008年初版の「叶恭子の知のジュエリー12ヵ月 」(よりみちパン!セ)


何気なくページを開くと、そこには、こんな一文が。


「あなたのためを思って」と
言う人に対しては、まず、
「自分のために生きてください」と
言葉を返していきましょう。


娘のためを思って行動した母、ここで自爆。


すでに大変に評価の高い恭子さんの本書ですが、


「おひとりさま」という孤独の群れからも離れた

シンと静まりかえった孤独


がこの本の説得力を支えています。


「休み時間にトイレに一緒に行く友だちがいなくて困っています」
という中学1年生の女の子の相談には、


トイレへはおひとりでいかれてもいいのではないでしょうか。


という答え。


ゆるぎなく名答ですな。


称賛されようと、無視されようと、野次られようと

唯一無二の存在として自分自身を成立させている人


ならではの説得力です。
ご一読をお勧めします。(あなたのために!)


【関連記事】有名人つながりという安易な流れですみません。よければどうぞ↓
意外に役立つ!秋吉久美子。

こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
年をとるって滑稽で哀しくて面白いな?と思っていただけたらハッピーうわめづかい

★これからも小さなネタからこつこつと!応援していただければうれしいですハッピースマイル

にほんブログ村 40代の生き方
人気ブログランキングへ


関連記事

スポンサーリンク