「オシャレだけど面倒くさい人」のオーラ。

映画を見ようと出かけた駅のホームに
60代半ばと思われる女性グループを見かけました。

久しぶりの再会に気分が高揚しているようで
4人で円陣を組むように立ち、笑い声が弾けています。

そのうちの一人の女性はショートヘアにメガネ。

私も同じような格好なんで、


どれどれ?

先輩世代のショート&メガネは、どんな感じでござるかな?


と、やや遠目に観察させていただきました。

すると・・・

どうやら、このグループのなかで
このメガネの女性(以下、メガネさんと記す)は、
一目置かれている様子です。

メガネさんがうなずく回数より、
メガネさんの発言に他の3人がうなずく回数がやや多く、
うなずきの角度もやや大きいんですね。


同意もしくは共感の「うなずき角度」を若干超えちゃって

称賛もしくは憧憬の「うなずき角度」に

近づいていると申しましょうか。



このメガネさん、

・耳にピアス
・体がスリム
・腕にバレンシアガ風ディレクターズバッグ

という20代や30代女性なら
どーってことない、むしろ、やや古いと評されるかも装いかもしれませんが、
60代半ばという年齢を考えると、「やるな、おぬし」的な装い。

もしかしたら、その「進取の気性」は
ファッションにとどまることなく、
日常の習い事とか創作活動とか、
さまざまなモノ選びなんかにも
「こだわり」もしくは「一家言」として発揮され、
もれなく主張されているのかもしれません。


エライです。


でも、


メガネさんの隠しきれない「ほめてオーラ」。

なければ、もっとかっこいいと思いました。



友人のうなずく回数とうなずく角度が増大したら、
「ほめてオーラ」を発散しすぎて面倒くさい人になってないか、
チェックしたほうがいいかもしれません。

同じメガネさんだけに、私も気をつけたいと思います。


【関連記事】うなずく一方という姿勢にも問題あるかもしれませんね。たとえばこんな感じ↓
生きてる?心のなかの動物。

こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
年をとるって滑稽で哀しくて面白いな?と思っていただけたらハッピーうわめづかい

★これからも小さなネタからこつこつと!応援していただければうれしいですハッピースマイル

にほんブログ村 40代の生き方
人気ブログランキングへ

関連記事

スポンサーリンク