敏感でいたい!心配に潜む優越感。

唐突ですが、心配ってむずかしいですね。


心配している→相手を思いやっている

ってことになっていますが、
なかなか、どうして。曲者ですよ。

ちょくちょくこのブログに登場する長崎の姉。

私が姉に頭が上がらないのは、
認知症の母をみてくれているからなんですね。

親元を離れてノン気に暮らす妹にできることは、
・グチを聞く
・悩みを聞く
・いろんな情報を集める
・ちょくちょく物を送る
・ときどき帰る(≒やや面倒もかける)
などなど、これといって役に立たないことばかりですからね。

いついかなるときもイヤそうな声を露骨には出さずに、
姉のグチや悩みをじっくりと聞いて、
感謝の気持ちを伝えるようにしています。
(なんかちょっと、いい子ちゃん発言ですが、
つまりは、姉の顔色をうかがっているわけです)

その姉もグループホームの
デイケアやショートステイを利用して、
コーラスだ、市民講座だ、海外旅行だと
毎日、忙しくしているんですけどね。

ところが。

かつての仕事仲間と食事をしたら、
こんな風に言われたんだとか。

「○○(←姉)のこと心配ねえ、って言いよったとよ。みんなで。
介護中心の生活やけん、
お母さんが亡くなったら、どうする?
精神的にショックやろう。
今のうちにカウンセリングでも受けたら?
お母さんが亡くなったら、今の家は離れた方がよかね!
ケアハウスば探さんね!」


心配してくれてありがたいと思う反面、

ちょっとショックだったらしい。



ショックの中身は、

●自分のいないところで「心配」という形で噂されていたこと
●周囲の目にはそんな風に映っていたのか、という落胆


きっと、心配の向こうに、
ごくごくかすかに
優越感のようなものを感じたんでしょうね。


心配って難しいな。


特に、相手を社会的な弱者像や敗者像にあてはめ、

その苦悩と将来を決めつけて心配する行為は、

注意が必要ですね。



というわけで相談窓口の妹(←私)は、
「その友だちにこんな言葉を贈ってあげれば?」といって
ある、すばらしい一文を紹介してあげましたよ。


何もしない。求めない。協力しない。
一見、最大に不親切であるような姿勢が、
そのじつ、他人に対して最大の親切に
なりうる場合があると知りましょう。



どうだ。姉ちゃん。


姉「なるほど!よか言葉ねえ」
私「よか言葉やろう!」
姉「うん。それ、誰の言葉?」
私「叶姉妹の叶恭子さん。お姉さんのほう」
姉「ふ?ん」

あ、あれ?なんだかスルーのニュアンス?
瀬戸内寂聴とか、五木寛之ってことにしといたらよかったかな。(ウソウソ)



【関連記事】恭子さんについてはこちらの記事にも。リンク先で紹介している本は名著です↓
叶恭子。唯一無二の存在感に学ぶ。

こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
最古記事から順番に読んでいただくと面白いと思いますうわめづかい

★これからも40代以上の女性のあれこれを果敢に記事にしてまいります!!
応援していただければうれしいです♪ハッピースマイル

にほんブログ村 40代の生き方
人気ブログランキングへ

この記事に書ききれなかったことをつぶやいています!どうぞ♪
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

関連記事

スポンサーリンク