「すべらない若作り」のための3か条。

早朝、犬の散歩に出かけたら、
少し太めの若い女性が歩いてきました。

狭い歩道を彼女に譲るため、
犬を引っ張って車道に出て
すれ違うとき何気なく目をやったら、
あれれ、私とほぼ同じ年齢と思われる顔のたるみ。


ありゃ、若くないんだ。


そうなんですね。

どうやら、

・明るい茶色の髪をラフにまとめた髪型(後はバレッタ留め)
・白い透け素材のミニワンピース
(胸のふくらみの直下で切り替えてギャザー。裾には大きめフリル)
・濃い色のレギンス
・リボンのついた籠バッグ


という装いが遠目には、
ぽっちゃりした若いお嬢さんに見えたんです。

なかでも透け感のある白のフリルとギャザーがたっぷりついた
ミニワンピの印象が強烈でした。


若づくりだなあ。でも近くから見るとおばちゃんだなあ。


と毎度のことながら、

心中、お得意の「若づくり批判」です。

自分も大した格好してないくせに(←私のこと)
スキあらば若づくりしたいと狙っている癖に(←私のこと)
同世代の女性にたまたま「若づくりの失敗」を見つけると、
鬼の首をとったように
「若く見せようとして老けてるよ?!」と糾弾する。

まあ、似た者同士の上げ足とりみたいなもんですね。
難しく言うと、あれですか。
近親憎悪?(まがまがしい言葉だな)

そう。彼女は、私なんですね。
すべっている私を
すべりたくない私が見て
勝手に腹を立てているわけです。

しかし。

このようなブログを公開している以上、
せめてもう少し掘り下げて
考えてみる必要があるんじゃないか??
そう自分に問いかけました。

そして、本日。

私なりの「若づくりマニュアル」を世に問おうと考えたのです。

アンチエイジング評論家は数あれど、
若づくり評論家は
日本広しといえども私だけではありますまいか!?

くだらないことで記事を長くするのもいい加減にして。

では、まいりましょう。


題して「Carinaの『すべらない若づくり3か条』」



(1)「あえて」感を出すべし。
「私はあえてこのアイテムを選んでいます」という「あえて」感を表現できれば、超ミニスカも派手フリルもチュニックもリボンもなんでもオーケー。

(2)若づくりの目安年齢を10代まで落とすべからず。
今朝出会った女性の服装は、ティーンエイジャー風でした。ワンピースと籠バッグのチープな素材感がそれを強調していたと思います。とってもとっても残念なことですが、「極端に安い流行りのデザインの服」はそれだけで「10代には見えないけど、10代みたいに安っぽい」印象を与えてしまうようです。

(3)若づくりの目安年齢を28歳に設定すべし。
これは、美容ジャーナリスト斎藤薫さんの受け売りなんですけどね。(最後の最後が受け売りというとこらへん「締まらない話」ですみません)世に言う「若い子」が着る服と「28歳が着る服」は明確に変わっていて、「大人の女性の着る服」がクローゼットにきちんと登場するのが28歳。28歳で選ぶ服は、女である限り半永久的に着られる・・・とのこと。なるほど?。

「自分の28歳のときのことなんて思いだせないわ?」という方のために、
有名人にお手本を探ってみました。

いやあ、あのねえ。今の時代、28歳前後ってのはまだヤングです。
倖田 來未さんとか安田美佐子さんとか真鍋かおりさんとか。
どうですか。まだ「若い子」って感じがしませんかね。

そこで、ものは相談ですが、
若づくり年齢を「35歳前後」に設定するってのはどうでしょうかね。
篠原涼子さん。
本庄まなみさん。
黒谷友香さん。
いい感じじゃないですか!
ちょっと年上だけど米倉涼子さんもいらっしゃいますよ。

というわけで、

(3)若づくりの目安年齢を28歳35歳に設定すべし。

ただし、いくつになっても35歳の服装でオーケー!



以上、皆さんの「すべらない若づくり」に役立てていただければ幸いです!


【関連記事】アンチエイジングについても書いています。ぜひ、お読みください↓
アンチエイジングと諦めは似ている??

こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
最古記事から順番に読んでいただくと面白いと思いますうわめづかい

★ランキング、下降中(>_<)クリックしていただければうれしいです!ハッピースマイル

にほんブログ村 40代の生き方
人気ブログランキングへ

この記事に書ききれなかったことをつぶやいています!どうぞ♪
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

関連記事

スポンサーリンク