「小物のおしゃれ」をどう考える!?

大人のおしゃれは小物から。

というフレーズ。

わりにあちこちで耳にしますが、
さすがに「小物」というだけあって
相手は小さい上に、べらぼうに種類が多いですから、
「おしゃれ」というムード的な完成度を
すみからすみまで実現するのはなかなか難しいですね。
(それをしてこそ、おしゃれなんでしょうけども)

もし、もしですよ。

「ねえねえ、大人のおしゃれって小物からよね」

と誰かに同意を求められたとして、
真っ先に何が浮かびますか。

靴が浮かぶ人もいれば
バッグが浮かぶ人もいれば、
アクセサリーが浮かぶ人もいれば、
スカーフが浮かぶ人もいるんじゃないでしょうか。

私なんかは結構、スカーフあたりが浮かびますね。
スカーフ、帽子、時計あたり・・・。
(そういえば、この3つ、ろくなものを持ってません)

小物といえども、イメージは人それぞれってことでしょうかね。

しかし。

そんな混乱した小物をめぐる議論を整理するために
ま?ったく、だ?れにも頼まれていませんが、
私が勝手に名乗りを上げて分類させていただきました。

題して。

Carina式 小物分類法

まいりましょう。


bunrui.jpg


「え?そんなあたり前の分け方?」という
落胆のため息が聞こえた気がしますが、
先に進めさせていただきます。


グループ(1)「道具」とは、

それなくしては、自分も周囲もかなり困るものです。



そうですねえ。

靴とか(裸足で家に来られたらものすごく困る)
財布とか(両手いっぱいの小銭をぶちまけられたら困る)
傘とか(いつもずぶ濡れだったら扱いに困る)

人によって
バッグとか(手ぶらでいたい人もいますが)
携帯電話とか(風来坊でいたい人もいますが)

仕事によって
手帳とかペンとか
鋤とか鍬とか
車とかバイクとか仕事に必須な道具(車を小物と言うかは別にして)


(2)の飾りは、もう、それ以外のすべてですね。

巻きもの、かぶりもの、光ものなどなど一切合財。
あったらあったでいいけども、
なかったらなかったで
自分も周囲もとりたてて困らないものです。


諸般の事情で「飾り」はケチろうとも、

「道具」は(できるだけ)ケチるべからず!



あまりに性急で恐縮ですが、
私なりに分類することによって
上記の結論を導かせていただいました。

わかりやすい例を挙げるなら、

インテリア小物はケチっても、布団はケチるな。
テーブルコーディネート用品はケチっても、調理器具はケチるな。
化粧道具はケチっても、筆記道具はケチるな。(←私の仕事の場合ですね)
アンクレットはケチっても、靴はケチるな。(←はは。アンクレットって無理やりすぎる)

とまあ、そういう風なことです。


アクセサリーはセンスや財力を語る(かもしれない)が、

道具は人格と能力をかなり雄弁に語っちゃうから。



とまあ、なんだか、偉そうに書いてますが、
これらはすべて先日、近所に住む友人が
パンプキンスープを持ってきてくれたときに、
その鍋を見て感じたことなんですね?。

たった一個の鍋に何を思ったかは、長くなるのでまた次回!!
(こんな話題でひっぱって申し訳ない)


【関連記事】ケチるな…といえども限界あり。そのリアルな実態は??(←私のことですけどね)↓
40代。バッグや靴の価格は?

こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
最古記事から順番に読んでいただくと面白いと思いますうわめづかい

★ランキング、下降中(>_<)クリックしていただければうれしいです!ハッピースマイル

にほんブログ村 40代の生き方
人気ブログランキングへ

この記事に書ききれなかったことをつぶやいています!どうぞ♪
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
関連記事

スポンサーリンク