洗いざらしの普段着にご注意!

みなさん!
普段着、どうしてらっしゃいますか?!

私ですか?

私は、テキトーの道をただ、
ひたすら歩んでまいりました。

しかし、本日、おそらくは、
私と同じくテキトーの道を
ただひたすら歩んでこられたであろう
ご近所さんの「朝のおすがた」に遭遇し、


テキトーは、やっぱ、いかんのではないか。


という思いをヒジョーに強くしましたよ。


その方は、そうですね。
60代半ばでしょうか。
お孫さんと思われる女の子に忘れ物か何かをわたすために
「窓のカギ、開いてたよぉ!ちゃんとしなさいっ!」と
教育上まことに筋の通った小言を叫びながら、、
よっこらしょっ!という感じで走ってこられました。

まことにお疲れ様です!

とるものもとりあえず
家を飛び出してこられたであろう、そのお姿は、

・白っぽい半そで大きめTシャツ(中央に花のプリント)
・オフホワイトの木綿のパンツ(丈短め。膝が出ている)。
・足元は、合皮風突っかけサンダル


というものでした。

朝のことですしね。
身だしなみを整える前に、お孫さんの忘れ物に気づき、
「急いで届けねば!」と走ってこられたに違いありません。

そんな非常事態ですから、
服装なんてテキトーでもまったくもって構わないんですが、

ある程度の年齢になった女性が普段着で陥りがちな
「テキトーの究極のカタチ」ではあるなあと思いました。

それは、

(1)ヘアカラーの退色しはじめた髪
(2)洗いざらしの薄色系Tシャツ&パンツ(スカートでも)
(3)なまっちろく、乾燥した、ややむくみのある素肌


の3つの出会いによって生まれるものです。

三者三様、それぞれのパートで
それぞれのニュアンスで主張する


「色あせ感」「洗いざらし感」「なまっちろい感」が

一人のおばちゃんというキャンバスの上で

相乗効果を発揮し、

ひとかたまりの「色あせ感」となって立ち現れる。


「洗えば洗うほどいい風合いになる」なんて言いますが、
そんな夢のような経年変化は、
そこらのおばちゃんと、そこらで買った服には
あてはまらないことが多いので、
お互い、注意したほうがよさそうです。

いくつになっても
「色褪せてる」より、
「色気がある」のほうがいいもんね?。


【関連記事】普段着ってなかなかこれ、難しいですね!↓
普段着をちょっとおしゃれに、の難易度。

こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
最古記事から読んでいただくと面白いですようわめづかい

★応援いただきありがとうございます!クリックしていただけたらうれしいですハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッターでも、いろいろおしゃべりしましょう!♪
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ


関連記事

スポンサーリンク