普段着。「おしゃれ以前」という真実。

普段着改革に乗り出すよ?!と書いた手前、
今朝、衣装たんすのなかを改めて見ましたけどね。


おお、現実は、おしゃれ以前


「オシャレ?!素敵?!」という憧れの進化レベルが
哺乳類全盛、なかでも人類全盛の現在だとしたら、


私の普段着は、カンブリア紀あたりですかね。


ほら、あの、ほら、
三葉虫とか、フデイシとか、
ものすごく奇怪なフォルムの、
なにが楽しくて生きているのか、
まったくもってわからない、
感情移入のしにくい生物たちが
どっさり生きていた時代ですよ。

もうね。
恐竜展で買った三葉虫の化石に尋ねるように、
一枚一枚の服に尋ねたんですから。


いったい、君、どこから来たの?

いったい、君、いつまでいるつもり?

いったい、君のどこが好きだったんだろ?

本当いうと、今まで一度も君のこと好きだったことないんだ。



Tシャツもタンクトップもスカートも
黙って聞いてるだけでしたけどね(笑)。


いやあ、それにしても、


もはや、ガラクタ市の様相。


フリマでも売れ残り必至のありさま。



なかでも不思議だったのが、
もらいものの多さですよ!

海外旅行のお土産Tシャツなんかはまだいいとして、

姉や友人が誕生日にくれたもののあんまり好きじゃない服とか
姉が「友だちにもらったけど私には似合わないからあげる」といって
遊びに来たついでに置いていった服とか
姉が「ユニクロで買ったけど胸が目立つから、あんた着て」といって
遊びに来たついでに置いていった服とか、
友人が「激太りして着られなくなったから着てくれ、頼む」といって
ダンボールで送りつけてきた衣類の捨て残りとか・・・。


おお、おお、おお。

神よ。お許しください。
悪いのは私じゃないんです。
姉ちゃんと友だちなんです。


それにしても、


いつの間にか集まってきた

あまり愛着のない服の数々。

それが私の普段着でした。



と、ここで恥を忍んで告白しておきます。



普段着って

暮らしに対する油断が凝縮するのね。




と、どうでもいい気づきと詠嘆でお茶を濁して
今日の記事はおしまい。

普段着改革の道、険し。
(カンブリア紀から現在まで5億4200万年だもん)


【関連記事】油断といえば、こちらもそうね(-.-)あなたにはありませんか。
あるといいな。安心できるから(笑)↓
脱・放置!暮らしの質を上げるぞ。

こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
最古記事から読んでいただくと面白いですようわめづかい

★というわけで、オシャレの非達人による渾身のブログ!応援、たのんますハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッターでも、おしゃべりしましょう♪
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

関連記事

スポンサーリンク