おばさんオーラの真犯人は?!

ベルメゾンのアラフィフ向けカタログ「大人の服」を見ながら
「この雰囲気、なにかに似てるなあ」
「どこかで同じ雰囲気を感じたぞ?」
と思っていたんですが、やっと、わかりました!


商店街の中高年向けセレクトショップ


といっていいんでしょうかね。
あの雰囲気に似ているんですね?。

ほら、商店街のなかでは、比較的、こぎれいな部類に入るお店で、
なぜか思ったより高めの価格設定で、
国産メーカーの上質素材の服を扱っていたりして、

わりに抜け目のなさそうな、
センスがいいのか悪いのかビミョーなおしゃれをしている
お化粧濃いめの茶髪の年配女性がオーナーだったりして
お得意さんとレジをはさんで、おしゃべりが弾んでいたりする、
そんな感じの中高年向けブティックです。
(お近くにありませんか?)

通りすがりにショーウィンドーを横目で眺めると、
若者の流行を控えめに取り入れたり、
不思議なアレンジを加えたりした服が並んでいて、
化学繊維率が高いように思われるのも特徴ですね。

そんな商店街のセレクトショップに似た雰囲気を、
ベルメゾンのカタログ「大人の服」が放っているのは、


二兎を追う姿勢


が共通しているからです。


・ジャストウェスト風に見えて、ウェストは楽
・スリムに見えて、お腹やヒップは隠れる長さ
・薄手パンツに見えて、実は裏起毛
・きちんとしたパンツに見えてハイパーストレッチ
・ボディラインを隠して、若々しく見えるシルエット


などなど。

もう、どれも、とっても魅力的?♪

片付けなくてもきれいな部屋
洗わなくてもきれいな風呂
と同じくらい魅力的?♪


いやあ、もう、日を追うごとに顕著になる体型の崩れが
気になって気になって仕方ないアラフィフにとっては
すがりたい、泣きつきたい、助けを求めたい世界ですよねえ(うんうん)。


しかし。


この二兎を追う商品で全身を覆ったときに立ち現れる

独特のオバサンくささこそが最大の敵!



だということを、ゆめゆめ忘れることなかれ。

ストレッチ素材のジーパンが
体型をスリムに見せるのとひきかえに、
オバサンであることを雄弁にカミングアウトしてしまうように、

二兎を追う商品に頼れば頼るほど
オバサンオーラがまぶしくて見ていられないほどの輝きを放ちます。


伸びる、隠す、覆う、目立たなくする

これらのコトバは、私たちにとっての「甘い毒薬」です。



伸びなくても、フツーのジーパン。
お腹が出ても、スリムなまんまの服。
を正々堂々と体型を隠すことなく着たほうが、
かっこいいって場合のほうが多いんじゃなかろうか。

例として適切かどうかわかんないけども、
ほら、鶴瓶さんとか、所ジョージさんとか、
ああいった芸人さんもフツーのジーパンだからこそ
カジュアルな現役感を出せているのであって、
あれが、ストレッチジーパンだったら・・・(-.-)


というわけで、

(2)夢と現実のはざまで手を打つ商品展開はさびしい

と思った次第。

最後にベルメゾンさんの名誉のために申しておきますが、
ジーパンは「ストレッチ素材でなく綿に限る」とおっしゃっています。
念のため。


【関連記事】↓服って「気合いで着る」面がありますね!気合いがあれば、着れない服はない!
着たい服を着つづける、気迫。

こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
最古記事から読んでいただくと面白いですようわめづかい

★記事がそこそこ気に入ったら、クリックしていただけるとうれしいですハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッターでも、おしゃべりしましょう♪
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

関連記事

スポンサーリンク