40代。「輝く」以外の道はないのか?

こんにちは!Carinaです!

美容院に行ってきました。
買ったばかりのあのポンチョを着て
上機嫌に鼻歌うたいながら、
自転車こいでスイスイ?っとね。

そしたら、あなた。予想外の事態が待ってましたよ。

それでなくとも、かさばるポンチョの上に、
あの美容院のワサワサするポンチョ状のカバーをかけられ、
「二人羽織」ならぬ「二枚ポンチョ」になって、
もたもたするし、重たいし、凝ってる肩がますます凝ったんです(笑)

いやあ、それはそうと、
宝島社の40代女子向け雑誌「GLOW」が発売されましたね。
低迷する出版業界で一人気を吐く宝島社の新雑誌です。
買わねばなりますまい。
ローラ アシュレイのツヤありサテン豪華ボックスバッグも
この目で、この手で確かめねばなりますまい。

昨夜、カンブリア宮殿でも大々的に紹介されていましたから、
ぜひとも手に入れてブログの記事にしようと
鼻息荒く、売り場に駆けつけたのですが、


売り切れてました。


がっくり。

でも、そのおかげで
non-noにもMOREにもWITHにも
付録がついていることを知ることができましたけどね(すでに常識?)

しかもnon-noが、あのnon-noが、
私たちの知る、大人しくてちょっと野暮ったい、あのnon-noが、
黒バックのダークな表紙になっていたのでびっくり。

のんちゃん。変わったんだね。いったい、どこへ行くの?

というわけで「GLOW」の現物に触れることができなかったので、
サイゾーの女性誌速攻レビュー
「40代女子向け新雑誌「GLOW」!ファッションよりも美容が大事?」
で予習しちゃいました。

みなさんも、ぜひリンク先をクリックして、
注目の新雑誌「GLOW」の雰囲気を予習&復習をなさいませんか。


ああ、しかし。それにしても「女子」という言葉。


妻からも、部下からも、母からも、娘からも、男にとっての「女」からも
わたしたちを解放してくれて、
つかの間、「女子高のトイレの洗面所前」的気分にしてくれる言葉だっただけに、
もっともっとじっくり味わいたかったですね?。
宝島社の快進撃も災いし、
今じゃ、「女子」「女子会」の濫用で
女子支持派のわたしでさえ、やや食傷気味です。

今日、美容院で読んだ「STORY」でも
「実例」女子会が40代を救う!
と題して絢爛たる女子会祭りが開催されていました。


ああ、その気合いときらびやかさは、

すでに女子会にあらず。女子会の対極のものなり。



宝島社の「GLOW」も、その意味は「輝き」。
「ツヤっと輝く40代女子向け」雑誌なんですね。
「輝き」という言葉に若干の不安を禁じ得ませんが、
他社にない卓越したマーケティング力で、
「肩の力の抜けた輝き」をカタチにしてくれることを祈ります。


それにしても


私たち40代に輝く以外の道はないのでしょうか。


くすみゆく自分を叱咤激励して輝きを手に入れられる確率より、
くすみゆく自分を受容して心の平穏を得られる確率のほうが
確実に高いような気がしているわたしには、
その輝きはチョモランマの頂きに光る雪のように
あまりにまぶしく、あまりに高く、あまりに遠すぎます(笑)(←アラフィフだから?)


【関連記事】「InRed」の表紙を飾るYOUのほうが、「GLOW」の表紙を飾るYOUより希望の星だったと感じるのは私だけ?宝島社には「30代以上は全員『InRed』でいい!」と世代別ファッション誌に決別してほしかった、というのが正直な思いです♪
さよなら!年代別ファッション誌。

こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
長大な巻物のようになっていますが(笑)最古記事から読んでいただくと面白いですよ?うわめづかい

★いつも応援ありがとうございます!クリックしていただけたらうれしいですハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッターもよければどうぞ♪
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
関連記事

スポンサーリンク