ひがむオバチャンの悲喜劇。

ちょっと前のことになりますが、
木枯らし1号が吹いた寒い日。

賃貸専門の不動産屋さんの前を
自転車で通り抜けようとしたら、
その不動産屋さんが入口の脇に立てかけていた
物件の写真や間取りや保証金や家賃などをズラッと書いた
横2.5メートル縦2メートルくらいの看板が、
風にあおられて倒れてきたんです。

あれれ?と思ったら
わたしの肩にゴンとぶつかって止まったんですが、
う?む。ここで、わたしがどいたら、
看板が細い道をふさいでしまうし、
肝心の看板も壊れてしまうかもしれないし、
そもそもデカすぎてどう扱っていいかわからず、
そのままフリーズ。

巨大看板をしょった馬上のナポレオンみたいに(笑)

すると店内のカウンターの向こうに
一人で座っていた若い男性が、
「あ?、もう仕方ねえなあ」という感じで
急いでいる雰囲気なわりに
途中で何かを拾ったりしながらヨロヨロ出てきて
看板をよっこらしょと立て直し
「大丈夫ですかあ??」

「大丈夫!でも危ないから固定しといてよ?♪」と
後姿もさわやかに立ち去るつもりだったのに、
このお兄ちゃんが「大丈夫に違いない」と鼻から決めつけた
ノー心配&ノー関心な本音モリモリなもんで、
なんだか期待がはずれてガッカリしてしまって
「大丈夫ですけど固定しといたほうがいいと思いますよ」と
ほんとはもっといいたい事あるけど、このへんにしといたるわ的言い方になってしまい、
まったくもって本意でない印象を残して
その場を離れることになってしまいました。


ほんとはもっと感じのいいオバチャンなのに(>_<)


でもさ、もちょっと心配した口調でもよくないかい?

お愛想でも、「ケガはないですか?」とか
あってもいいんじゃないかい?

そしてなぜか、そのお兄ちゃんが履いていた
森の小人みたいなとんがり靴を思い出し
とんがり靴に相性のいい極細身のスーツを思い出し、


ふーん。若い子だったら、もっと対応違ったんじゃないの?

オバチャンは、大事にされないねえ?。



と勝手に年齢差別方向へ問題をスライドさせ、
「ひがみ&すねモード」のスイッチを入れて
フルパワー運転しそうになったので
「いかん、いかん、いかん」と自粛しました(笑)


なんでも年齢問題に原因を見いだす傾向、

厳に慎まねばなりませんね。



話は変わりますが、

この誕生日に長崎に住む姉が
美胸をつくるブラジャーをプレゼントしてくれたんですが、
それを買った下着売り場の40代後半の店員さんが、
なんだか上から目線で、
ちょっと感じが悪かったらしいんです。

姉「妹へのプレゼントなんですけど」
店員さん「妹さん、おいくつですか?年齢によって体型が変わりますから」
姉「・・・45歳です」(ほんとは49歳)

49歳の妹(わたし)の年齢を、
上から目線で感じの悪い40代後半の店員さんへの反発心から、
その店員さんよりわずかに若いと思われる「45歳」に偽装するという
なんとも意味不明な、効果絶無な、
ごまめの歯ぎしりと呼んだらごまめに申し訳ないような
規模的にも、人間の器的にも小さな小さな方向違いのレジスタンス!

しかも店員さんは、そんな姉の胸のうちなど、
なにひとつ、わからなかったに違いなし(笑)

ああ、人間と年齢の関係って
哀しくもおかしいものですねえ。

追記)その後、不動産屋さんの看板は固定されていました。
万が一、突風に吹き飛ばされ隣のビルに穴でもあけてニュースになったら
「だから、言わんこっちゃない!あのとき言ったんですよ?」と
トレーナー姿に顔モザイクで証言しようと思っていただけに残念です(笑)


【関連記事】関連してないけども(笑)夫婦関係も悲喜劇。わりに人気記事です↓
熟年離婚。妻から言い出すワケ。

こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
長大な巻物のようになっていますが(笑)最古記事から読んでいただくと面白いですよ?うわめづかい

★いつも応援ありがとうございます!クリックしていただけたらうれしいですハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッターでもおしゃべりしましょう♪レスポンス、わりに早いです(^^)v
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ


関連記事

スポンサーリンク