「子どもの心」が歌う瞬間ある?

わたしが乗るモノレールの車両は、
おなじみの対面式シートが二列並んでいるものですが、
運転席の後ろに2席だけ、
電車の進行方向を向いたカップルシート風の席があるんですね。

なにせ高いとこを走るモノレールだから見晴らしはいいし、
運転席は大きなガラス張りだから開放感もバツグン!
天気のいい日なんて、ほんとに気持ちよさそうです。

わずか2席とあって
鉄道の魅力を知りそめた機関車トーマス世代はもちろん
幅広い鉄道マニア垂涎の的!なのかどうかはわかりませんが

鉄道マニアじゃない、少年じゃない、このおばちゃんも
実は密かに「あの席、ちょっといいな。一回、ゆっくり座ってみたいなー」と
思っていたくらいなので人気席なのは間違いないと思います。


それが先日、空いていたんです。


晴れていて、休日で、
フツーの席に座っていてふと眼をあげたら、
そのカップルシートに人の姿なし。

すっと立ち上がり、
スタスタ&ヨロヨロと結構な距離を歩き、
そのシートに座りました。

「あのおばちゃん、さては乗り鉄か」と
わが後姿をみつめて、つぶやいた若者がいたかもしれない。

「おっと、先を越された。おぬし、やるな」と
わが後姿におのれの負けを認めた
「隠れ乗り鉄オバサン」もいたんじゃないかなあ。

ごめんね?♪早い者勝ちだよ?♪

というわけで、もう、あなた。
モノレールって高いとこを走るでしょ。
もうね、超ゆる系ジェットコースターというか、
豪華寝台車の展望車みたいというか(知らんけどね)、
運転手さんの後姿越しの眺望はバツグンだし
日当たりがよくてとっても気持ちよかったです。
ああ、お願いします。神様。
次の駅でトーマス好きのお子ちゃまが乗ってきませんように!

と祈ったかいあって、次の駅は大丈夫でしたが、
その次の駅で、「お父さんに手を引かれたトーマス君」が乗ってきてしまい、
そそくさとその親子に譲りましたけどね(笑)
その幼いトーマス君と瞬間ライバルになったみたいで面白かった。

このモノレールの席に匹敵するのが、
バスの運転席のすぐ後ろの高いとこにある一人席でしょうか。
あそこもときどき、「よっこらしょ」と登攀したい誘惑を感じませんか。

作家・黒井千次氏(1932年生まれ)の「老いのかたち」 (中公新書)
バスのその高いところの席にまつわる話をみつけました。

停車している隙をついてそのすぐ下まで歩み寄った老人は
いきなり椅子の前のパイプを摑むと
しがみつくようにして高い座席によじ昇ろうとした。

すぐに運転手が気づいて横から声をかけた。

短い間があった後、そうかね、危ないかね、とでもいった表情で
無念そうにそれまでかけていた一人用の席に戻った。


他人にかけるかもしれない迷惑を無視した軽挙であり、
自分勝手な振る舞いにすぎぬといえるだろう
と認めたうえで


けれども、とここで付け加えたいことがある。
あの一人がけの高い椅子に昇ろうとして身を立てたとき、
老人の身体の底で思わず少年の心が何かを歌ったのではなかったか。
(中略)
老いの知恵などと賢しらげに呟くより、
時には老いの中に生きる子どもの心の伸びやかさに注目するのも
悪くはあるまい。



高いところの席に登攀しようとするおじいさんも、
それを見つめる黒井さんというおじいさんも大好きだなあ。
お友だちになって、いっしょに、
モノレールの素敵な座席に座りたいです。


【関連記事】まずは自分を受け入れたいですね。こちらもどうぞ♪
「なってしまった人生」を受け入れる。

こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
長大な巻物のようになっていますが(笑)最古記事から読んでいただくと面白いですよ?うわめづかい

★ランキング降下中(>_<)応援クリックしていただけたらうれしいですハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ブログ記事とツイッターをともに読んでいただくと面白いです!
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

関連記事

スポンサーリンク