美容院の雑誌が示す「見た目年齢」の現実。

シャンプー台に起き上がらせてもらい、
タオルを巻いてもらっているとき(前回の記事はこちら
わたしが座ることになるであろう鏡前の小さなテーブルに
スタッフの女性が3冊ほど雑誌を置く姿が見えました。


お、今日はこの女性が雑誌を選ぶのか!


実は、この女性こそ、
客の年齢査定に一切の妥協を許さず、
若づくりによる年齢詐称も一切認めぬ
美容院随一の「ナサケのない女」(シャキーン!)

シャンプー台によっこらしょと起き上がり、
頭にタオルをぐるぐる巻かれ、
一毛まとわぬオールヌードとなったわたしの顔面を
さっと見た、その瞬間に、


「50歳間近。主婦」

「家庭画報&サンキュ!2冊」


と、わたしにあてがう雑誌の種類を決定なさるご様子なんですね。

その姿勢に、豪も迷いなし。


女性客一人ひとりの
あらゆる属性や嗜好や願望をすべてはぎとり、
「年齢」だけに収れんさせる
その残酷なまでにナサケなき手腕。



あっぱれ。


若き店長も、若きスタッフも
その若さゆえに、新米スタッフである彼女の同世代に対する厳格すぎる裁定に
気づいていない様子です。

この方は新米スタッフではあるものの、
美容院では最長老と思われる40代半ば。
ややわかりにくい例えで申し訳ないんですが
漫才コンビの大御所、オール阪神・巨人の、
阪神さんのお嫁さんに似ています。
実業家でもある阪神さんの奥さんから
ゴージャス感をやや除いた感じといえばいいでしょうか。

というわけで、
カットの椅子までよちよち歩いていくと
小さなテーブルには、案の定、
「家庭画報」と「サンキュ!」が
扇子を開いたみたいな形で待っていてくれました。

仕事で疲れ果てて帰ったとき
夕方の散歩を切望して、
行儀よく待つ犬と目があったみたいな
ちょっと「あ?あ」感(笑)

ああ、願わくば、
「ナサケのない女」であるこの女性には、
客にあてがう雑誌によって
「見た目年齢の現実」を無言で思い知らせるだけでなく、
同世代のプロならではの厳しく、鋭い視点と
持ち前の洞察力と若干のイジワルさを生かして
「素敵なヘアスタイル提案」をしてほしいものです!

カットをしてもらう間に
男性美容師さん(20代)に

「なぜ40代や50代向けの雑誌をいろいろ置かないの?」

と聞いてみました。

まあ、すでにご想像どおりかと思いますが、
美容院さんも苦労しているんですよね?。
その「26歳のイケメン美容師、40代女の難しさを語る」はまた次回!

大した内容じゃないんで、
ほどほどの期待でお待ちください(^^)


【関連記事】そう、このときの「家庭画報」もこの方の裁定だったのです(笑)
美容院の「家庭画報」をどう考える?

こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
長大な巻物のようになっていますが(笑)最古記事から読んでいただくと面白いですよ?うわめづかい

★続編に適度な期待をこめてクリックいただけるとうれしいですハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッターもいっしょに楽しみましょう!
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

関連記事

スポンサーリンク