そうだ。私の不安は、私が認める。

これまでにも不安や悩みや心配がなかったわけでなく、
だれだって太平楽に生きてきたわけじゃないところに
この未曽有の大地震。

これまで一度たりとも
お金持ちであったことはありませんが、

それなのに、そんなわたしが、
あの瞬間以来、被災地の何十万人の人々が失ってしまった
「すべてのものを持っているマリー・アントワネット」
みたいなことになってしまって、慣れないことだけに、
もう、とんでもなく居心地が悪く、たまらんです。

いまのわたしは、
誰はばかることなくオナラしていい個室も、
誰はばかることなく臭いウンチをしていいトイレも、
誰はばかることなく股間を広げて洗える風呂場も、
もー、なんだって持っているんですからね。

しかも、家族も、犬も、食べ物も、布団も、ストーブも、
ガスも、水も、電気も自粛さえしなければ使い放題!停電もなし!


でもね・・・贅沢をいって申し訳ないが、
ゾワゾワゾワゾワと不安なんだよね。



ここんとこ激しく評判の悪い「買いだめオバサン」たちも
実は、あんまりお金持ちじゃないと思うな。

それほど裕福でなく、
被災の当事者ではもちろんなく、
日ごろからやや安物買いが好きで、
これからの景気がうっすら不安で、
父ちゃんの給料がうっすら心配で・・・

そんな将来への不安を
トイレットペーパーや、インスタント食品や乾電池といった、
必要そうだけど実はそれほどでもなくて
買ったモノより買ったヒンシュクのほうが大きいようなモノたちを、
物置の棚のキャパシティ以上に「ため込む」ことで解消し、
安心しようとしているんじゃなかろうか。
(・・・って実際にホームセンターに足を運んだわけじゃないから、
勝手な憶測なんですけどね)

わたしにも不安はあるもん。
この震災で、不景気や失業や所得減少や就職難など
これまで抱えていた不安や心配がなくなったわけでは決してなく、
これまでの不安や心配は、
目の前に広がる悲劇や不安や心配に覆われているだけで、
それほど遠くない将来に、いずれ必ず、表れるに違いなく、
そのときには、さらに悪化し、深刻化しているのではなかろうか、
という確信に近い恐れがね。
吹けば飛ぶよな個人事業主だけにさ。


非常時という真空のような時間に身を置きながら、
いずれ刻み始める「現実という時間」におびえている。



「できることをしよう」も
「ともに力を合わせよう」も、
「きっと乗り越えられる」も
すべて正しく、まったくもって賛成だけれど、
自分のちっぽけな不安も、ちゃんと認めてあげよう>わたし。

だっておよそ半世紀におよぶ経験上、
過度な我慢と抑圧はカラダによくないもんね。
わたしの場合は円形ハゲとなって出るからね。

そうそう。話は飛びますが、
フリーライターとして活躍中のアキエダさんのブログがおもしろいですよ?。
最新記事は「トイレットペーパーはじめました」
震災後、ブログ記事が冴える稀有な方だと感じています。(わたしゃ、修行が足りんです)


【関連記事】震災後の記事はこちらです(^^)
まず寄付して、自分を落ち着かせる。
震災がもたらす「我がグータラ」に喝!

こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
長大な巻物のようになっていますが(笑)最古記事から読んでいただくと面白いですうわめづかい

★いつも応援していただき本当にありがとうございます!
ブログ更新だけでなくわたしの人生の励みになっていますハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッターでもおしゃべりしましょう!
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ


関連記事

スポンサーリンク