職場の最長老として働くコツ。


「取引先の担当が、みーんな年下になってきてね」

若くして広告制作会社を立ち上げ、
不況の中でもそれなりに業績を伸ばしてきた某社の社長が
ポツリと言いました。

「ああ、そうですねぇ。わかります」
「あんまり、いいことないでしょ。それって」
「う~ん。こっちが年上だから
相手の方が気を使っているんじゃないかな~、
遠慮しないかなあ~とか思うことはありますよね」
「そうなんですよね。僕も感じます」

もしかしたら大きな企業で活躍していて
少しずつでも役職が上がっていく場合は、
この社長のようなビミョーな居心地の悪さを感じることは
少ないのかもしれません。
(どうなんだろ?違うのかもしれません)


でも、彼のように小さな企業の経営者だったり、
個人で仕事をしているような場合は、


いったい、いくつまで、この仕事、やっていけるんだ、俺?


的な、
考え出したら不安で不安で夜も眠れんような、
トウガラシの付いた指で瞼を触ってしまったような、
洗っても洗ってもヒリヒリ&ピリピリしてたまらん、
激辛の危機感を感じている人が多いんじゃないでしょうか。


自分自身の賞味期限切れへの恐怖


ですね。


流行の先端にいるべきとされる職業とか
感性で勝負するべきとされる職業とか、
若さが最大の武器とされる職業とか、
そういう職種の人も、
オーナーとか名人とか達人とかそういったクラスにならない限り、
ヒリヒリ&ハラハラ感が強くなりそうです。

わたしなど、
この社長のように従業員の生活を支えているわけじゃなし、
なんともまあ、ちっぽけな危機感&恐怖感なんですが、
それでも、これまで、ずっと、絶え間なく、もれなく、必ず
仕事の現場では、「自分の年齢」をヒリヒリと意識してきましたよ。


しかも、最近じゃ、ほとんどの場合、わたしが最高齢!
きゃー!受け入れたくなーい!



社長の言を待つまでもなく
わたしのまわりは
すでに「みーんな年下」だったのですね(-.-)


というわけで
「職場の最長老として働く」一人として
同じような境遇の女性たちに
何かコツのようなものを伝授したい!と思ったのですが、
残念ながら、途端に居心地がよくなる
コツのようなものは出てきませんでした(笑)

ただ、あえていうなら、


・できるだけ丁寧に、気さくに、真摯でいる
・手のかからない、お願いしやすい人でいる
・自然に、ひがまず、一人でいる(風情を身につける)
・自然に、心ひらいて、いっしょにいる(ように努める)
・「この人いくつだろう。かなり年だな」と思われてもいいや~(^^)/と思っておく



あたりを、なんとなーく、それとなーく、心がけています。
もっと簡単に言うと、


「女としての待遇を期待はしないが、
品よく女性らしく存在するよう努力する」



ってことでしょうか。
なんとも迂遠な方法ですが、この静かな覚悟が、
「あのオバハン」とか、「あの、おばちゃんが」と言われる状況を、
遠ざける効果、なきにしもあらず。

年齢は重ねたものの、
これといったポジションに立てず、
将来に不安を抱えながら、
最長老として仕事をしている皆さま方。


その居心地の悪さこそ、この年齢の醍醐味!!


心ゆくまで味わいましょう。
わたしも、明日もまた、心行くまで味わいますよ~!


【関連記事】こちらはヨガを応用した対処法♪役に立つかも(^^)/
どう?マイナス思考との付き合い方。

こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
長大な巻物のようになっていますが(笑)最古記事から読んでいただくと面白いですよ?うわめづかい

★いつも応援クリックありがとうございます!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッターもいっしょに楽しみましょう!
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ


関連記事

スポンサーリンク