「人生はどっちにしろ後悔する」理論

かなり前のことになりますが、

中学生の娘がものすごーく落ち込んで
日ごろ、まったくもって用心深く観察していない母親の目から見ても
「むむ。どうやら失恋したらしい」と察したときには、(そのときの記事はこちら

叶恭子さんの著書、「叶恭子の知のジュエリー12ヵ月 」(よりみちパン!セ)
わからないよーに、おもしろくてたまらんよーに勧めましたが
(↑本当にこの本は、「学校で一人ぼっち」「親とうまくいかない」
「自分の顔がブスでイヤ」「整形したい」などの悩みに誠実に答えてくれる良書です)

もし、これから先。
娘がまた大ーーきく悩むことがあれば、
中村うさぎさんの著書
「生きる…悩み相談で解き明かす「人生って何?」 をこそ
推奨しようと心に決めたCarinaです!



UsagiN_convert_20110602165152.jpg
↑この方ですね。


中村さんの「ショッピングの女王」としての歩みや
「ホスト狂い」や「プチ整形」や「本格整形」や
「デリヘル嬢として働く(そういえば源氏名・叶恭子でした)」などの
果敢かつ真面目すぎる軌跡は
わたしのように自分の欲望に対して中途半端にしか向き合わず、
それだけに、いつもプチ欲求不満なまま
オンナ期を終えようとしている人間には、
到底マネできない、ヒリヒリするような荒行ですが、

それだけに、この「生きる」という本は、
女性向け人生相談の白眉ですぞ。
(興奮して言っていますが、
新刊でもなんでもなく2004年の本なんですけどね。
昨日、読んだところなので。おゆるしを)

恋愛やら結婚やら人間関係やら
あれこれの悩みに答えているんですが、

たとえば、C子さんのこんな質問。


(妊娠し)来月結婚します。(中略)(彼から)帰ってきた第一声は、
「ウソだろ!」でした。が私が迫り結婚することになったのです。・・・
彼は完全に冷めきったような態度なのです。結婚なんてどうでもいいみたい。
わたしの出来ちゃった婚は、いまからでもやめたほうがいいのでしょうか?



うーん。どう答えますか。
「やめたほうがいいよ」って言う?
なんか、もう、もんのすごい苦労しそうだもんね。
難しいなあ。相談されたら、悩むなあ。
自分の娘だったら、余計、悩むだろうなあ。

で、中村さんですが
「その不安はよくわかります。
自分自身の問題ではなく、子どもの問題でもあるから
よけいに失敗を恐れる気持ちは強いでしょう」と共感した上で、


中村の「(人生は)どっちにしろ後悔する」理論に従って
「結婚した場合の後悔」と
「結婚しなかった場合の後悔」を
比較検討してみましょう。



と提案し、独特のフランクな言い回しで
どの「後悔」がもっとも辛く受け入れがたく、
どの「後悔」がもっとも受け入れられるかを検討するのです。


そして


(C子さんがどうするかはC子さんの決断に任すとして)
私はきっと子供のために「結婚」してみるな。
ただし「離婚」を視野に入れた「結婚」です。


そのあとグッとくるエールが書かれていますが、
長くなるので割愛(ごめん)

よし。娘にも、そんなことがあれば、
この方向からアドバイスするぞ。


「人生はどっちにしろ後悔する理論」にのっとり、
「どちらの後悔が受け入れやすいか」の観点から
問題を整理し、比較検討して態度を決める。


人生への向き合い方として、
ヒジョーによろしくないですか。
わたしは、よろしいと思うよ。


その他にも、

・仕事も好きじゃないし、結婚もしたくない。こんな怠け者、どうすればいい?
・交際中の彼氏が一度もエッチしない。好きな男と寝たい、という願いは捨てるべきか。
・45歳で初めて妻以外の女性を好きになった。どうすればいいか。
・何事も続かず、やる気のなさすぎる私。溌剌とした気分がなくて悩む。
・お調子ものでハイになって後で後悔する私がイヤ。


などなどの悩みに答えてくださっています。
「悩みの整理術」として大変すぐれいるので、気持ちが片付きますよ。


最後に。


正直言ってあなたは「自分のことしか考えられない女」です。
自分以外の人間にも「心」があるということを
理解も斟酌もできない幼児。
認識できるのは、自分の欲望と自己愛だけ。(中略)迷惑だなあ。



と唯一バッサリと切り捨てられた相談もあります。
中村さんの根源的な真面目さが言わしめたセリフ。
どんな相談に向けられたものかは、ご想像におまかせしましょう(ごめん)。

というわけで40代クライシスにも効能あり。
アマゾンにリンクしていますが
わたしは図書館で借りました(笑)節約主婦。


悩み相談で解き明かす「人生って何?」 生きる悩み相談で解き明かす「人生って何?」 生きる
(2004/01/22)
中村 うさぎ

商品詳細を見る




【関連記事】今日は本の紹介つながりで。ボビー・ブラウンの著書、好評でした。↓
アンチエイジングをどう考える?

こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
長大な巻物のようになっていますが(笑)最古記事から読んでいただくと面白いですよ?うわめづかい


★いつも応援クリックありがとうございます!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッターもいっしょに楽しみましょう!
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

関連記事

スポンサーリンク