眠れない夜・・・という危険地帯。


夜、目が覚めてトイレに行って
(↑これがすでに老化現象)
布団のなかに戻ってきて、
そのまますんなりと眠れることもあれば、
なんか、ちょっと、眠れないこともあります。

夜中の2時とか、そんな時間。

部屋を明るくして本を読むには
目が闇に慣れてしまっていて億劫だし、
もう少し、しっかりと眠っておきたいし・・・と
目をつぶってじっーとしているときが、
危険ゾーン!

具体的な何かを「考える」とか
明日の何かを「悩む」とか
そういう理性的な脳の働きではなく、


ひたひた、ひたひたと押し寄せる
「不安感の穴」に落ちてしまう危険ゾーンなのです。



枕に頭を乗せて、目をつぶったまま
声に出さずに、


・人生の残り時間をひっそりと数えるような
・別の人生があったのではないか、と後悔しても遅いような
・今、このときも、あっという間に過去になっていくような
・これまでの時間の流れがあまりにも早く過ぎ去ってしまったような


「ああ、これから一直線に老いていく、わたし」
という、いてもたってもいられないような感覚が、
水のようにひたひたと体全体に満ちてきて、
溺れてしまいそうになります。


いかん!いかん!
そっち方面に気持ちのチャンネルを持っていってはいかん!
と思いなおして、深入りしないようにしますけどね。


でも、


これから老いていく過程の
ちょっとした訓練のような、
自分の生命と自分の鼓動と、自分の寂しさには
この自分が向きあい続けるしかないような、
そんな覚悟を問われているような気もして、
マイナスにばかりは受け取っていません。


50代を目前にすることから
女性ホルモンが激減し、
不眠を訴える人が増えるようです。
更年期ストレスで不眠…効果的な対処法は?より)

もちろん深刻な不眠や
度重なるトイレなどは
一日も早く病院に行って相談するとして、

ときにジッと静かに眠れない夜を過ごす人は、
このわたしも、ときに、同じように、ジッと
眠れないまま過ごしていることを
思い出していただければと思います。

思い出してどーなるというものでもないので、
思い出さなくてもいいですよ、もちろん(笑)


【関連記事】ごく初期に正直に書きました。とても人気のある記事です。↓
40代。スタイルのある生き方へ。

こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
長大な巻物のようになっていますが(笑)最古記事から読んでいただくと面白いですよ?うわめづかい

★いつも応援クリックありがとうございます!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッターもいっしょに楽しみましょう!
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

関連記事

スポンサーリンク