年とともに感受性は豊かになる!

土曜日の夜、小林旭さん出演の番組を見ました。

・・・と書くと、
「ああ、Carinaさん世代のアイドルなのね!」
若い女性たちが納得しちゃうと困るので、
ここで、あえて、仰々しく否定しますが、
それは違いますよ。

小林旭さんも、
石原裕次郎さんも、
すでに「ちょっと太ったおじさん」でしたからねー。
「どこがカッコいいのかな?」でしたからねー。

ププ。そんなこと。
ほんとは、どうでもいいことなのに、
こだわっちゃうところが人間が小さい。

あれですね。
そのスターが、自分と同世代のスターか、
姉世代的スターか、親世代的スターかってことに
意外にこだわるんですね。
「あ、その人は同世代じゃないからね」とか、
「その人は、もっと上の世代のアイドルだからね!」とか。
年下の子がいたら、いちいち念押ししたりしてね(笑)
(年下にとっては、どーでもいいことなんだな、これがまた)

その番組は、
武田鉄矢さんが司会。
メインゲストが小林旭さん。
さらにそこに浅丘ルリ子さんが登場という、
濃厚かつ豪華かつ絢爛かつ過発酵な布陣でした。
人によっては、くどい、と感じるかもしれません。
どーでもいい、と感じるかもしれません。

最初のうちは、わたしも娘に、
「どんなアイドルも年をとると
こんなおじさんになっちゃうんだねぇ」とか、
失礼なことを申し上げつつ見ていたんですが、

旭さんと浅丘さんの間に恋愛感情があったことや、
お互いがその記憶を今も大切にしている感じや、
浅丘さんのシワの多い手がやさしく旭さんに触れる感じや、
当時の撮影所の若々しく楽しい雰囲気が、
「老いた」としか言いようのないお二人の口から
楽しげに、懐かしげに話されるとき、


ポロン。ポロロン。


と同じく老いかけているわたしの
琴線にですね。触れるんですね。

ポロン。(←わたしの琴線の音色)



そこに歌。マイトガイの歌。



続いて美空ひばりさんとの別れの思い出。



琴線にポロン。



そこに歌。マイトガイの歌。



ポロン→歌→ポロン→歌の規則的なマインドコントロール効果で、


小林旭のカッコよさの片鱗、わかったかも!


という、思ってもみなかった境地に至りました。


いやあ。懐メロや懐かしのスターの守備範囲が、
自分と同世代のスターから、
さらに、上へ。上の世代へと広がる予感に震えた
土曜の夜でしたよ。


その後、NHKプレミアムは、
孤高の女優・グレタ・ガルボの人生を
坂東玉三郎氏が丁寧にたどるという
これまた文句のつけようがないほど、
濃厚かつ豪華かつ絢爛かつ迷宮的な番組へ。

ここでも、
ガルボのみならず、
玉三郎氏のファッションや背中や立ち居振る舞いや表情から
その複雑であったろう人生に思いをはせ
胸ふるわすこと尋常ならず。


いやあ。


あらゆるディテールから、
その人の人生を想像し、
哀しみや挫折などに思いをはせ、
胸をふるわせる。



年をとって初めて知るよろこびというか、
おもしろさというか、感じる力というか、
なかなかにしてスゴイぞ!
・・・と思いました。


挫折や後悔やあきらめの記憶が、
他の人のなかに「同質の体験」を探りあて、
大きく共鳴するんですね。



若いときとは感動の質は変わりましたが、
感受性は健在だと思いました。


あー、そうだそうだ。最後になりますが、
マイトガイは小林旭さんの愛称ですからね。
「NARUTO」のほうにもいるらしいけど違いますからねー。
・・・両方書いちゃうあたりが、ププ。やっぱり人間的に小さいな(笑


【関連記事】こちらの記事もどうぞ♪威勢のいいこといってます(笑
山ほどあるよ!年をとる楽しさ!

こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
長大な巻物のようになっていますが(笑)最古記事から読んでいただくと面白いですよ?うわめづかい

★いつも応援クリックありがとうございます!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッターもいっしょに楽しみましょう!
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

関連記事

スポンサーリンク