敵は、「今の幸せを肯定できない病」?


先日、近所の仲良しママ友たちとお酒を飲み、

塾にお金かかる問題、
子どもの学力伸び悩み問題、
光熱費&通信費公開比較節約困難問題、
スーパー底値リサーチ比較問題、
毎朝弁当考案面倒手抜き方策問題、
夫婦関係もろもろ不平不満山積問題、
介護問題押し迫り憂鬱問題、
主婦再就職後人間関係気遣い問題


などなど、あらゆる問題について
忌憚なく告白し、相談し、討議し助言しあったのですが、
みな同じ老朽マンションの
70平米前後の間取りに住む、
裕福でない方に属する「かあちゃん」ばかりなんで
同病相励ます優しさにあふれ、
日ごろの冴えない生活の憂さを晴らしながら
楽しい時間を過ごすことができました。


しかーし。

こういう幸せな時間のあとにさえ、
頭のなかにチラッと、チラッと


「これってよくある主婦の、
それもぱっとしない主婦のさ、
典型的な飲み会だな」



的な、
自分の人生に対する一抹のさびしい思いが、
心のなかをよぎるんですよね。

そして、さらに。

あれじゃない?
つまりさ。
経済的な面はもちろんだけどもさ、
生き方としても旧式の主婦でさ、
しかも、性的にもどうなの?
満たされていない感じじゃないの?
それでいいわけ?
今を生きる女として。


みたいな声がささやくわけですよ。
(すべてこれ、わたし自身についてであって
友だちに対してはあてはまりませんのでね、念のため)


アラフォーとかアラフィフとか
主婦層とかキャリア層とか
既婚とか未婚とか、
セレブとか非セレブとか、
派遣とか正社とか、
子ありとか子なしとか、


もう、世間のあちこちがやかましく言うところの類型化を
せっせせっせと自分にも適用して
やや自虐的に自分を見つめるという習慣から
今もなお逃れられなーーい。


自分の人生を
・仕事はどうよ
・家庭はどうよ
・子育てはどうよ
といったまあ、それなりに伝統的な基本事項のみならず
この年になってもなお(!)
・美しさやオシャレ的にどうよ
・恋愛とかそういう女性としての現役問題についてどうよ
・セックスとかもどうよ
・自分の成長に対する投資、とかそういう問題についてどうよ。
・自由に生きる、という価値観から見てどうよ。
・社会への貢献とか、そういった観点もあるんじゃないの?
と、


もー、あんらゆる側面から
検討し、チェックし、採点し、落ち込むという
一見、向上心の表れであるかのようでありながら、
その実、自虐に結びつくことのみ多いという不毛な回路。



この病の最大の問題は、
この手のなかにある、
取るに足らないかもしれないが、
確実に存在する幸福を、今、この瞬間に
思う存分、堪能できないってことだよね~。
人生は短いのに。
時はあっという間に過ぎるのに。
いかんいかーん。

そうなんです。飲み会は楽しかったのです。

いつもは食材を山と自転車に積んで
えんやこらとペダルをこいで走りすぎる巨大スーパーの前は
人通りもなくガランとしていてね。

ほら、なんせ、
普段、夜にあまり出歩かない「かあちゃん」ばかりだから、
これだけで開放感を感じちゃって、
なーんも持たずに、
なーんも抱えずに、
ちっとも先を急がずに、
ゲラゲラクスクス笑いながら、
ゆっくりと心のなかで手をつないで帰ってきたのです。

「SEX and THE CITY」みたいに ( ´艸`)ププ


■若い女性もこの病と無縁ではないんだな→「東電OL殺人事件」にハマる20代女子たち


【関連記事】これもママ友談義から生まれた記事です♪お暇ならどうぞ(*^_^*)
乗り越えよう。アラフォーの孤独。

こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
長大な巻物のようになっていますが(笑)最古記事から読んでいただくと面白いですよ?うわめづかい

★いつも応援クリックありがとうございます!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッターもいっしょに楽しみましょう!
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ


関連記事

スポンサーリンク