「おばちゃんパワー」に秘められた真実。

「いやあ、おばちゃんたち、元気ですね!」
「おばちゃんパワーには勝てませんよ」
なんてテレビで言われると、
自分もまぎれもなく、おばちゃんなのに、
どこかにいるらしい「見知らぬおばちゃんたち」を思い描いて
「そうよねー。元気よねー」と思ったりしていますが、

このおばちゃんである、わたし自身が、そんなにいつも
ウハウハ、ガハガハと元気ハツラツじゃないのに、
みんな、そんなに、ほんとに元気なんでしょうかね。

思えば、そんな風に「元気だ」と言われるおばちゃんたちは、
決まって近所のアーケード商店街とか、
食べ放題お土産付き日帰りバスツアーとかに
仲良しの友だちといっしょにいて
モードとはかけ離れた独自の格好をしていて、
「キャー、ええやん」とか「これ、安いわ!」とか言っている
(ようなイメージ)なんですが、


もしかしたら、そういう小さな、手近な、
「おばちゃんらしい」楽しみにあえて限定して、
自分を精一杯解放し、盛り上げているのかもしれない。



なんて思ったりもします。

誰かにちやほやされることや、
口説かれてときめくことや、
異性として意識される瞬間の心地よさや
これからの人生に訪れるかもしれない転機やドラマや
そういったもろもろのことに憧れたり、恋い焦がれたりせず、
もう、きっぱりと諦めることにしちゃった人ならではの
明るい哀しみの表現といいましょうか。


そう思うと、ちょっと、グッとくるなあ。


そして、そんなおばちゃんに比べると
不機嫌でとっつきにくい印象の高齢おじちゃんたちですが、
無愛想に、仏頂面して歩く姿に、
かつては「あー、なんて愛想がないんだろう!」と思っていましたが、

今は、

・世間から「お呼びでない存在」になっているかもしれない自分を感じている
・小さいころからシャイで、うまく笑顔であいさつできない
・会社勤めのときは「偉かった」から、「偉くなくなった」自分に慣れない
・若者や女性とはどう接していいかわからない


などなど加齢がもたらす自信のなさの
これもまた、どうしようもない自己表現なのかもしれないと
思うようになりました。


そうなんですよね~。


加齢は、少しずつ自信を奪うんです。


それが、本当に大きな試練なんです。
その少しずつ襲ってくる自信喪失に抗いながら
自信と誇りと幸福を失わずに生きていこうとする意志と努力。

元気すぎるおばちゃんも
無愛想すぎるおじちゃんも、
きっと闘っているんだろうな。

ま、だからといって
厚かましいほど元気すぎたり、
取りつく島もないほど無愛想なのは
まわりの人間が困るので(笑)
そこら辺はほどよく注意しつつ、


明るく、にこやかに、心開いてまいりましょうね。
できる範囲でね。



わたしも、そうしたいと思ってまーす。


【関連記事】たとえば、こういう思いを乗り越えて「元気なおばちゃん」になるという図式(笑)わかりすぎる自分が怖い~。
私が見えてない?という恐怖

こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
長大な巻物のようになっていますが(笑)最古記事から読んでいただくと面白いですよ?うわめづかい

★いつも応援クリックありがとうございます!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッター、一緒に楽しみましょう!
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

関連記事

スポンサーリンク