歪むのは骨盤だけじゃない、問題。


先日、カフェでモンブランを食べながら
友人と旧交を温めつつ、
よもやま話に花を咲かせていたら、
その友人の世帯年収が
うちの4倍以上ということがわかり、
次の瞬間、奈落の底に落ちたCarinaです!

みなさん、お元気にお過ごしでしたか?

いやあ。
経済力という
とってもわかりやすいカタチで格差が示されると、
人生の成否が決まったような感じがして凹みますね!

ま、しかし、それも人生の味わいということで・・・

そうそう、先週末は、中学の同窓会(といっても小さな会ですが)があり、
久しぶりに友人たちと会いましたが、


年をとるということは、
歪みが固定されること。



かもしれない、と思いましたよ。

幼いころから、それぞれが持っていた、
ちょっとした志向や性癖や好みや、めざす方向みたいなものが
少しずつ、少しずつ時間とともに大きく開いていって、
一人ひとりの独自のカタチになり、
今になってみると、もう後戻りできない、
「歪んだカタチ」になって完成しているみたいな。


個性って、「歪み」なのかも。


その、小じんまりとした同窓会で、

やたらと大きな声で頑なに方言を語る男子や
カラオケを淡々と歌いつづける男子や、
自慢のコレクションについて熱く語り続ける女子や
自分で絵を描いたオリジナルのジーパンを自慢する男子や
ひたすらビールだけを飲み続ける男子やタンバリンを鳴らす男子や
少女時代の歌を可愛く熱唱する女子を見ていて
そんなことを思いました。
(なーんて言ってますが、
男子・女子といっても、
いずれも間もなく50歳なんですけどね。ププ)

いくつになってもニュートラルに、
なんの手あかもつけず、なんの自己弁護もせず、
すっと美しく、歪まずに生きる、
というのは、きっと、ものすごく難しいことなんですね。

わたしも、きっと何らかの「歪み」を身につけて
それを表情や言葉やしぐさに固定化して生きているに違いありませんが、


ときどきは、


グググググーーーっと
無理やりにでも「身についた歪み」を正すつもりになって
日ごろの習慣やクセや不平不満を
ゼロに戻す努力をしてみよう、と思いました。

名づけて、


骨盤の歪みだけでなく
加齢による人間の歪みも正してみようキャンペーン!!



とはいえ友人たちの「年とともに歪んだ姿」は、
それはそれでなんかちょっと切なくて愛おしいものでもあるんですけどね。


・・・と、今日の話題はここまでなんですが、

このところ、更新の頻度が低くてすみませんです。
仕事が忙しくなっていることに加えて、
母の状態があまりよくないので、
次の週末も長崎に帰ることになったりと、
なんだか大変にバタバタしています。

次回の更新は、来週になりそうです(>_<)
コメントのお返事も毎度のことながら遅れていて大変、申し訳ない。
10月に入ると少し落ち着くと思いますが、
それまで、ボチボチの更新でお許しください。

また時間ができたら、全開でまいりますのでーー!


【関連記事】そうそう、この記事の同窓会だったんです。
A美ともディープ大阪を満喫しましたよ!!
欠点も慈しんでこそ、大人の友情?

こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
長大な巻物のようになっていますが(笑)最古記事から読んでいただくと面白いですよ?うわめづかい

★いつも応援クリックありがとうございます!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッター、一緒に楽しみましょう!
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

関連記事

スポンサーリンク