若者の若さを意識しすぎない。

こんにちは!

いろんなことを後回しにしながらも、
美容院にだけは小まめに通っているCarinaです!

常日頃からエステやネイルサロンなどに通い、
化粧品のカウンターで丁寧な接客を受け、
ブティックでコーディネートについて語り合い・・・
というような手入れの行き届いた、
ていねいでオシャレな毎日を送っていると、
そんなことはないと思うんですが、


ほぼ、美容院でのみ!
美容関係のプロフェッショナルと対面する!



という美容面超手抜きな毎日を過ごしていると、
美容院に行くってこと自体、
なんかこう、ちょっと面倒で
なんかちょっと気が重くて、
ビミョーなストレスを感じますね。

時間もかかるし。
美容師さんとの年齢差も広がるし。
シャンプーを担当してくれるスタッフなんか、
もう、子どもみたいな年齢だもんね。

しかし、そんなふうに感じているのは、
どうやら私だけではないようで、
ほかのお客さんの様子を見ても、
何となーく、気を使っているような、
何となーく、恐縮しているような、
何となーく、居心地が悪そうな、
そんな微妙な気配を感じることがあります。


先日もそうでしたよ。


わたしの隣に座っている方は、
その声の感じから想像するに
60代かなあ、と思われる女性でしたが、

「はい。いつも通り、適当でお願いします」と
機嫌よく、さばさばとオーダーしたのち、

「若い人は、そうよね~」
「若いときは、そうだったけど。ハハハ」
「若い人は、いろいろできるけども」
「ああ、これはもう、若い人向け雑誌ね」

と何度も何度も「若い」という言葉を
会話のなかに挿入しておられました。


ああ。わかるなあ。


自分がもう若くないと悟ったとき、
若者たちと円滑にコミュニケーションするため、
「わたしは若くないことを自覚していますよ」ということを
前面に押し出して、
「あなたとの勝負からは降りていますから、わたし」ということを
絶え間なく表明しながら、
できるだけ円滑に話を進める会話術の代表例ですね。


日本の伝統的おばちゃん話芸、
といってもいいかもしれません。



それこそ自分が若いときは気づかなかったけど、
年長者たちは、いつもそうやって
若干の居心地の悪さと承服しがたい思いを、
おばちゃんらしい笑顔の下に隠して、
「若さっていいわね~!」と
屈託のないふりをして
おだててくれていたのです。

その60代の女性はしかし、
すべてが終わって椅子を立つ直前、
鏡の前で頭を小さくしかし何度も小刻みに振り、
前髪を何度も何度もクシャクシャにするように
かきあげていました。

その女性の温厚な笑顔の下にある
自己へのこだわりや
その場の自分への違和感が
垣間見えたような気がしました。
ヘアスタイルが気に入らなかったのかもしれませんね。


若さは、どんな宝石よりも美しく
キラキラと獰猛なほどに輝いて、
年長者を形容しがたい、
何とも言えない劣等感に陥れるものですが、


ことさらに相手の若さを意識しない。


努力というと大げさだけども、
習慣づけというか、
そういうコミュニケーションを
心がけるのも大事かもしれませんね。
若い人だってちゃんと対話したいかもしれないしなあ。


相手がとても若いからといって
居丈高にならず、
卑屈にならず、
委縮せず、
正面から自然に向き合うっていうんでしょうか。



いやいや、これがなかなか
簡単なようで難しいんだよねえ。
わたしも練習します(笑)


【関連記事】美容院の記事はわりに人気なんですよー。まとめ読みはいかがでしょう。
ヘアスタイルの記事

こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
長大な巻物のようになっていますが(笑)最古記事から読んでいただくと面白いですよ?うわめづかい

★いつも応援クリックありがとうございます!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッター、一緒に楽しみましょう!
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

関連記事

スポンサーリンク