由紀さおりに学ぶ「とろ火主義」。

由紀さおりさんのアルバム「1969」のヒットは、
なんか、もう、なにもかもが理想的じゃないでしょうか。

素人のわたしでさえ、そう思うんだから、
同年代の実力派歌手のみなさんなんて、
もう、うらやましくて、うらやましくて
仕方がないと思うなあ。

だって、

(1)人気ジャズバンド、ピンク・マルティーニのリーダー、
トーマス・M・ローダーデールが、
地元で由紀さんのデビューアルバムを“ジャケ買い”。


この「ジャケ買い」ってところが、
「若いころ、きれいだった」感を
醸し出していて、うらやましい。

(2)そのトーマス・M・ローダーデールって人が、
由紀さんのアルバムを聞いてみたら、とってもよくて
由紀さんのマイナーな曲を日本語でカバー。

(3)昨年3月に日本で初顔合わせして共演。

(4)今回の「1969」というアルバムが完成し、
アメリカをはじめ各国でヒット。
ただいま、全米絶賛ツアー中。

由紀さんといえば、
ちょっと前の芸人さんたちによる「熟女ブーム」でも
とっても支持されていて、
そのときも、なんだか、かなーり、うらやましかったけども、


今回は、それに輪をかけてうらやましい。


アメリカの若い才能ある男性(40歳)に
レコードジャケットを通して見染められ、
さらに音楽性にも惚れられ、
日本語のまま、ほとんどなーーんにも海外仕様にすることなく
「上品だ」「すばらしい歌声だ」と絶賛されるなんて。


しかも、あの白い肌。
美しいデコルテ。
ほどよい肉づき。



ああ、神様。いますぐ、わたしを、
由紀さおりさんにしてください。



でもね、


いくらピンクのトーマスさんが、
若いころの由紀さんを見染めても、
その「若いとき」からすでに40年以上。

東京に降り立って対面した由紀さんが、
「あまりにもフツーすぎるおばちゃん」だったり、
「昔の名前で出ています感モリモリの懐メロ歌手」風だったりしたら、
こんな話にはなっていなかったわけで、


歌謡曲の第一線から距離をとりつつ、
お姉さんと童謡を歌うなどしながら、
時間をかけてゆっくりと練り上げてきた
歌声や容姿や身のこなしがあってこそですな。


ま、才能も容姿も天と地ほども違う、
わたしがマネできることは
そんなにはありませんが、


自分のやっていることや
考えていることや、
試行錯誤していることを
やめてしまわないようにしようと思いました。

情熱の炎を消してしまわないこと。


とろ火でいいから、
ずっとずっと灯しつづけ、
考えつづけ、
やりつづけること。



由紀さんだって、きっと、
童謡を歌いながらも、
さまざまな葛藤があったことでしょう。
歌手として、女性として。
(童謡だけじゃなかったとは思うけども)


分厚い肉の表面だけをジュッ&カリッと焼くとか
中華の炒め物をジャッジャッと手早く仕上げるためなら
ボーボーの炎もいいかもしれないが、
(恋の激情も)

こう、豆とか
安めの肉の塊なんかを
柔らかく煮るなら、やっぱり、とろ火。


ちょうど、おせち料理の季節だし、
自分の情熱も黒豆みたいに煮ましょうかね。


名づけて、とろ火主義。


そして、もうひと花、咲かせてみせるんです。(80歳とか90歳とかになって 笑)
自分なりに。ひっそりと。

ヒットの陰にはこんなプロデューサーの存在もありました。
いずれにしろ由紀さんが、旬だったってことですね。すごいです。


【関連記事】関連性が安易ですが、芸能人つながりで^_^; こちらもどうぞ♪
「美STORY」に上沼恵美子、の効能。

こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
長大な巻物のようになっていますが(笑)最古記事から読んでいただくと面白いですよ♪うわめづかい

★いつも応援クリックありがとうございます!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッター、一緒に楽しみましょう!
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

関連記事

スポンサーリンク