電器屋さんで遭遇する「言外の意味」

先日、パソコンを買いに電器屋さんに行ったら
パソコン売り場に立っているお兄さん(とおじさんの間ぐらいの人)が
パソコンの説明にからめながら、
ちょいちょい「NTTのフレッツ光」方面へと
話を持っていこう、持っていこうとなさるんで、

「この人は、NTTの
フレッツ光に関係の深い人なのだなあ」


と思いながら話を聞いていました。

でも、それなりにパソコンにも詳しそうだったので
ひきつづき、いろいろと話を聞いていたんですが、
やっぱり、どうしてもNTTフレッツ光方面へ
話を持っていこう、持っていこうとなさるので、
大変申し訳ないが、


(1) うちはすでに別の会社の光回線であること
(2) マンションで契約しているので、変更は難しいこと


をやんわりと伝えたのですが、

そのマンション名を口にしたとたん、

ああっ!そのマンションなら
NTTフレッツ光の導入もできるはずです!
ちょっと確認してみましょうか!


とフレッツ光方面へさらに本腰を入れて
本格展開しそうな勢いとなったので、

いやいやいや、調べていただくまでもありません。
auのスマートバリューサービスに
申し込もうと思っているので
いま、回線を変えるつもりはないんです。
それに今日はパソコンを買うために来ているので
回線は変えないです。


と言ったら、
間髪入れず

「スマートフォンですか?」

と唐突に目を見て、問いただされました。

「はい」と答えると、
しぶしぶ納得していただけたようで、
フレッツ光方面への盛り上がりがフェイドアウトするとともに
この熱意の人の接客エナジーもフェイドアウトしたのですが、

この、文章では、
ふつうの疑問形にすぎない、

「スマートフォンですか」にですね
わたしはこんな言外の意味を嗅ぎ取ったのですよ。


(言外ここから→)お客さまは、auの「スマートバリューサービス」で
ケータイ料金が安くなると思ってらっしゃるようですが
フツーのケータイには適用されませんよ。
それに、お客さま、そもそも
(←言外、ここまで)
「スマートフォンですか」


いやいや、ほんとですってば。匂ったんですってば。


言外の意味が。被害妄想といわれようと、匂ったんです。


それにしても、この


「IT関係に疎いに違いない扱い」、
このごろ、増えたな。

(ま、実際、強くないから当然といえば当然なんだが
「そこまで弱くない」というビミョーなあたりを訴えたい 笑)


なーんて、ふてくされていたら、
産経新聞の久田恵さんの「家族がいてもいなくても」
こんな文章がありました。

-------------------------------

中高年の女性というのは、家族の中でも世間でも、
実はあまり親切にされることがない。
どちらかと言うと、周りに気を使っているのに、
そう思われていなかったりする。

車だとかパソコンだとかを購入するのもひと苦労で、
「分かんねえおばさんに説明してもねえ…」みたいな態度に、
常に耐え続けなければならない。

もっと年老いて子供扱いされるようになったら、
あきらめもつくのだろうけれど、われわれ世代は結構、
これで世間の人々の対応にムッとすることが多い。


---------------------------------

よかったー。わたしだけじゃなかったー。

みなさんも、どこかで「言外の意味」をかぎとったら
堂々と、ふてくされてください(笑)

あちこちで中高年女性たちが
「言外の意味」を嗅ぎ取り、
言い返したり、胸ぐらをつかんだり、暴れたりしないまでも
「ふん。何さ」とふてくされているのです。

うん。ひとりじゃないって素敵なことね♪


【関連記事】あなたが凹むところで、わたしも凹んでます♪
「基礎関心の低下」にへこたれない。

こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
長大な巻物のようになっていますが(笑)最古記事から読んでいただくと面白いですよ♪うわめづかい

★いつも応援クリックありがとうございます!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッター、一緒に楽しみましょう!
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
関連記事

スポンサーリンク