表情が決める!「面影」の威力。


いきなり、しかも、やや古い話で恐縮ですが、
ドラマ「冬のソナタ」で、
ヨン様演じるところのチュンサンが
交通事故で亡くなったと聞き、
ユジンが、学校の廊下か階段のあたりで取り乱しながら
「思い出せない・・・チュンサンの顔を思い出せない」と
泣くシーンがありました。
(懐かしいな、冬ソナブーム。あのころ、わたしもちーっとは若かった)

あんなに劇的なシチュエーションじゃなくても、
亡くなった人の顔や、遠く離れた人の顔や
幼いころの友達の顔を思い出すことはありますが、
でも、それって改めて考えると不思議なことですね。

脳の中の目が、
脳の中で再生された、
あまり鮮明でない映像を見ているような、
鮮明でない写真をスライドにして見ているような。

チェ・ジウ演じるユジンが不安になって泣き崩れたように
脳の中に浮かぶその人の映像や姿は、
あいまいで、はかなくて、おぼろげなのに、
モノとしての「写真」以上に
その人らしいような、リアルなような感じもするような。


そもそも、わたしたちは、
人の顔を、どんなふうに覚えているんだろう?



と思っていたら、


表情ごと、覚えている。


みたいですね。


たとえば、有名人の「笑顔の写真」と「真顔の写真」を見せて、
それが誰かを当てさせる実験では、
「笑顔」のほうが当たる率が高いという結果が出たそうですよ。
(学校の先生は「真顔」のほうが正解率高し)
・・・「美人は得をするか 「顔」学入門」 (集英社新書)より


わたしたちは、


顔の「造作」と「表情」とが一体となって作り出す
視覚的なイメージ全体を
「面影」と呼んでるみたいです。



そういえば、同窓会なんかで、
何十年ぶりかに会った同窓生の
どんなところにがっかりしたり、
どんなところにがっかりされたりするのかというのも、
「面影」の変化にあるような気がするな。


脳内映像ではあんなに「笑顔」だったのに
久しぶりに会ったら
もんのすごく「悲しげ」になっていたり。
やけに「不満げ」になっていたり、
とんでもなく「腹立たしげ」になっていたりして、
長年、抱いていた面影が崩れ、
ということは、
その人に対する「統一的イメージ」が瓦解し、
まるで「別人」みたいでがっかり・・・みたいな。


すでに、あちこちで言われていることですが、

笑顔は大事ってことですね。
表情は大事ってことです。

あー。
特別なことでなくていいから、
楽しいこと、うれしいこと、好きなこと、面白いことを
テキトーに見つけて、
ちょい多めに、笑って生きていこうー。

ひとりで、ニンマリ。
ときには、ガハハ。
外ではニコッ。
あたりがちょうどいいでしょうかね。

ま、あまりに不自然な作り笑いにならない程度に
笑顔重視でまいりましょうか(*^_^*)


【関連記事】こちらも笑顔関係の記事♪よければ、どうぞ~!
笑顔はシワのもと?若さのもと?

こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
長大な巻物のようになっていますが(笑)最古記事から読んでいただくと面白いですよ♪うわめづかい

★いつも応援クリックありがとうございます!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッター、一緒に楽しみましょう!
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

関連記事

スポンサーリンク