紳士の「分け目問題」に我想う。

駅で、下りのエスカレーターに乗ったら
数段先のステップにサラリーマン風の
男の人が2人並んで立っていました。

温厚そうな上司と
仕事のできそうな部下という感じで
なごやかに笑顔でお話し中です。

上司と思われるほうの紳士は、
50代半ばぐらいと思われますが、

髪の毛を、本来、
分け目があってもいいだろうと衆目一致で認められる場所から
ぐっと左斜面を下りたところに新設し、
それゆえに重力に従ったら、
自然に下に流れるであろう傾斜地自生の髪の毛を
そうはさせまじというハードな意志とハードなスタイリング剤でもって
逆さに頭頂の方角に引っ張り上げ、横倒しにしています。

昔のわたしだったら、


あああ、あんなことするなら
もう、ハゲちゃってていいんじゃないの?



と思ったでしょうが、いまは、


あああ、いつの間にか
斜面にまでいっちゃったんだなあ。



と感慨深く思います。そして、


分け目をどこに設けようと
紳士であることに変わりはない。



・・・と肯定したいような気持ちになります。


かく言う、わたしも外出前に手鏡で
頭頂ではなく後頭部をチェックするのですが、
しばしば、つむじのところが
パカッと分かれて地肌が露出しています。

ムムム。薄毛だ、いかん。となり、
その後頭部をアイロンで巻き、
周辺に生える髪の毛を誘引して
やや、こんもりとした茂みをつくり、
ハードスプレーを噴霧し、
「毛髪ガーデニング」を終えるのです。


傾斜地分け目新設紳士に比べると小規模ガーデニングであるとはいえ、
ガーデニングには変わりなし。
同好の士、といえなくもありません。


しかし、この小規模ガーデニングも
それなりに自生し、繁茂する植物があってこそ
何とかなるのであって、
自生していなければ、
斜面に降りて引っ張り上げてでも、
体裁を整える大規模開墾型ガーデニングになるのでしょうか。


そういえば。


姉も後頭部がわたし以上に薄いのですが、
わたしと違って色白で童顔、
スタイルも若々しいので、
会うたびに、もったいなく思い、


「お姉ちゃん、ものすごく若く見えるから
後頭部にもう少しボリュームのある髪型にしたら
ますます若く見えるよ!」



と機嫌を損ねないように、やんわりと忠告すると、


「美容院で聞いたら、まだこのままでいいと言われたよ」とか、
「ええ??そんなに薄い?」などと言い、
具体的な対策がとられないまま、
後姿は、本人が知らぬうちに着々と「おばあちゃん化」しています。



老いの変化は、
今日明日で大きく変わるものじゃないから、
少しずつ、少しずつ分け目が斜面を下りていくように
少しずつ、少しずつ変わり続けていって
「あれ?いつの間にこんなとこまで来ちゃったの?!」
ってことになるんでしょうね。




先日、ブログを読んでくださっている方から
「ウィッグ・デビューしました」というメールをいただきました。
8000円ほどのものを購入され、
洋服と同じようにスタイリングの変化を楽しんでいるとのこと。素敵ですね。


ああ、そうそう。

先日来、ずっとめがねについて書いていますが、


老眼鏡は、下げてもチャーミングなものを選ぶべし。


だそうですよ。


近くのものを見るものなので
遠くを見るときに、つい目から下げて使いがち。
だからこそ、下げめにかけてもキュートに見えるものを
意識して選ぶといいんだそう。
キュートってところ、ポイントかもね♪


老眼鏡も、ウィッグも「認めたもの勝ち」ってことですな。
(男性のウィッグはもう少しビミョーなんだろか)



【関連記事】美容院での悲喜劇。最近の記事ですが、どうぞ♪
実録!「気取り」が露呈する恥ずかしさ。

こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
長大な巻物のようになっていますが(笑)最古記事から読んでいただくと面白いですよ♪うわめづかい

★いつも応援クリックありがとうございます!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッター、一緒に楽しみましょう!
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

関連記事

スポンサーリンク